bmr

bmr>NEWS>ベル・ビヴ・デヴォーの15年ぶり新作にSWV、ボーイズIIメンらが参加 今月発売

NEWS

ベル・ビヴ・デヴォーの15年ぶり新作にSWV、ボーイズIIメンらが参加 今月発売

Bell Biv DeVoe - Three Stripes

80年代から90年代にかけてヒットを放ったニュー・エディション(New Edition)のメンバー3人から構成され、1990年に“Poison”、“Do Me!”と立て続けに大ヒットさせたベル・ビヴ・デヴォー(Bell Biv DeVoe)が、今月ついに15年以上ぶりとなるニュー・アルバムをリリースする。

“Candy Girl”、“Cool It Now”、“Mr. Telephone Man”、“Can You Stand The Rain”といったヒットで知られるニュー・エディションから、リッキー・ベル(Ricky Bell)、マイケル・ビヴィンス(Michael Bivins)、ロニー・デヴォー(Ronnie DeVoe)の3人で結成されたベル・ビヴ・デヴォー。ニュー・ジャック・スウィングのトレンドに乗って、1990年に発表したデビュー曲“Poison”、セカンド・シングル“Do Me!”がそれぞれ全米チャート最高3位の大ヒットを記録、デビュー・アルバム『Poison』も400万枚を超えるなど人気を博した。この勢いに乗って1993年に2作目『Hootie Mack』を発表したが、その後ニュー・エディションが再始動し、ふたたびニュー・エディションが活動を休止して2001年に3作目『BBD』をリリース。2004年に『One Love』でニュー・エディションがまた活動再開して以降は、ニュー・エディションと並行しながら活動を続けてきた。

そして米ケーブルTVのBET (Black Entertainment Television)で、結成から成功、その後のソロ活動などニュー・エディションの活躍を描く伝記ドラマ『The New Edition Story』が1月25日~27日にかけて3夜連続放送となるのに合わせて、ベル・ビヴ・デヴォーのニュー・アルバム『Three Stripes』が1月27日に発売となる。2011年に一度、EPを出す計画があったものの実現しておらず、2001年の『BBD』以来、実に15年1ヶ月ぶりのベル・ビヴ・デヴォー新作となる。

すでに昨年には、エリック・サーモン(Erick Sermon)がプロデュースを務め、故ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)によるヒップホップ・クラシック“Hypnotize”と同じくハーブ・アルパート(Herb Alpert)の“Rise”をサンプリングした90年代色溢れる新曲“Run”を発表しており、“Poison”を監督したリンカーン・C・マーティンによるミュージック・ビデオも含めて話題となっているが、ようやく明らかになったトラックリストによると、ニュー・エディションと同じく80年代から活動してきたダグ・E・フレッシュ(Doug E. Fresh)を始め、SWVボーイズIIメン(Boyz II Men)といった90年代から活躍しているアーティストたちが参加。特にボーイズIIメンは、マイケル・ビヴィンスの後ろ盾でデビューしたという経緯があり、“師弟共演”のような形となる。

1. Ready (feat. Doug E. Fresh)
2. Find A Way
3. I’m Betta
4. Hot Damn
5. Run
6. All Dat There
7. Don’t Go
8. Finally (feat. SWV)
9. One More Try (feat. Boyz II Men)
10. Incredible