bmr

bmr>NEWS>ジャネット・ジャクソン、第一子は男の子 ジャクソン・ファミリーも出産を祝福

NEWS

ジャネット・ジャクソン、第一子は男の子 ジャクソン・ファミリーも出産を祝福

Janet Jackson

昨年、妊娠のためワールド・ツアーの公演延期を発表していたジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)が、夫との第一子を出産したことを発表した。

2015年10月には、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては2008年の『Discipline』以来、およそ7年ぶりとなるニュー・アルバム『Unbreakable』を発表し、これまで数々の名作を生んできたジミー・ジャム&テリー・ルイス(Jimmy Jam & Terry Lewis)と久々に全面的にタッグを組んだこのアルバムで全米チャート初登場1位を獲得。ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)とバーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)に続いて、1980年代、1990年代、2000年代に続いて2010年代でも1位を手にした史上3人目のアーティストとなった。

また2015年8月末からは久々のワールド・ツアー〈Unbreakable World Tour〉も始まり、2015年11月にはおよそ14年ぶりとなる来日公演を敢行、“復活”を印象づける最高のパフォーマンスを魅せたジャネット。だが昨年1月から始まる予定だった欧州・北米公演を「医師から、すぐに手術を受ける必要があると伝えられた」として延期。その後、昨年4月になって、「新しい家族を迎える」として妊娠を仄めかすコメントと共に欧州・北米公演をさらに延期すると発表。昨年10月にはお腹が大きくなった姿をPeople誌に見せ、改めて妊娠中であることを公にした。

そして、今年5月には51歳になるジャネットが無事に出産したことが報告された。米時間で1月3日、People誌や米Billboard誌などが報じ、夫ウィサム・アル・マナとの第一子は男の子で、イーサ(Eissa Al Mana)と名付けられたという。ジャネットの代理人は、「ジャネット・ジャクソンと夫ウィサム・アル・マナは、息子イーサ・アル・マナの誕生に大変喜んでおります。ジャネットはストレスもなく、健康的な出産をしました。現在はゆっくり静養をとっています」とのコメントを発表している。

出産が明らかになった後、姉のラトーヤ・ジャクソン(La Toya Jackson)を始め、兄ティト・ジャクソン(Tito Jackson)の息子で3TのメンバーであるTJ・ジャクソン(TJ Jackson)らも「おめでとう!」など祝福のコメントをしている。

なお、デバージ(DeBarge)のメンバーで、1984年にジャネットと極秘結婚し、翌年に婚姻を取り消していたことが後に明らかにされたジェイムズ・デバージとのあいだに当時、娘を生んでいたと長年噂されており、昨年11月にはリアリティ番組『Growing Up Hip Hop』の中で、娘のクリスティニア・デバージ(Kristinia DeBarge)に噂について問われたジェイムズ・デバージが、「もう隠し事には疲れた」、「自分も知らなかったんだ。妊娠していないと思っていた。だけど(妊娠は)事実だった」と、隠し子の存在を認める発言をして、反響を呼んだ。しかしジャネットは10年以上前にもこの噂についてはっきりと否定している。