bmr

bmr>NEWS>ゴスペル歌手のキム・バレル、同性愛批判で炎上 TV出演もキャンセルに

NEWS

ゴスペル歌手のキム・バレル、同性愛批判で炎上 TV出演もキャンセルに

Kim Burrell

故ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)やチャカ・カーン(Chaka Khan)らも敬意を表するベテラン・ゴスペル歌手のキム・バレル(Kim Burrell)が行った説教の中で、同性愛者に対する差別的な発言が明らかになり、予定していたTV番組出演もキャンセルになるという騒動となっている。

牧師の娘として生まれ、幼い頃からゴスペルで育ったキム・バレルは、1995年にデビュー。ジャズを取り入れたボーカル・スタイルは、「この世代のエラ・フィッツジェラルド」と評されるなど高く評価されており、長年の友人でもあったホイットニー・ヒューストンを始め、チャカ・カーンからネリー・ファータド(Nelly Furtado)にいたるまで、世代を問わず多くの女性シンガーからの尊敬を集めている。ビヨンセ(Beyonce)主演のゴスペル映画『ファイティング・テンプテーションズ』の出演や、ミッシー・エリオット(Missy Elliott)、R.ケリー(R. Kelly)らの楽曲への参加など幅広い活躍を見せている。

昨年には、2013年のグラミー賞で最多の6部門にノミネートし、2冠を勝ち取ったR&B界の新星フランク・オーシャン(Frank Ocean)の最新作『blonde』にゲスト参加したほか、2014年に“Happy”が世界的ヒットとなった世界的ヒットメイカーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)とのコラボレーション“I See A Victory”の発表も話題になり、さらに評価を高めた2016年となったが、その年末は炎上騒ぎを起こす事態となった。

これは、キム・バレルが2010年にヒューストンに創設した自身の教会で行った説教の映像がインターネット上に公開され、同性愛に対する差別的な発言をしていることが問題視されたもの。映像には、「ここにいる人で、ホモセクシャルの精神に共感している人は、神様に(その精神から)解放してもらうよう乞いなさい」、「罪について話に来ました。あの罪の性質について。あの同性愛という性的倒錯のスピリット。妄想と混乱の精神は多くの男女を欺き、キリストの身を汚しているのです」などと持論を展開している様子が映っており、動画のアップロード者は、「キム・バレルが同性愛者を非難し、2017年に死ぬべきだと仄めかした」との注釈を付けている。

映像は12月30日にアップロードされたものだが、この差別的な発言が非難の的となり、映像は1月1日までに50万回再生を超えるなど反響を呼んだ。これを受けてキム・バレルは、Facebookにメッセージ動画をアップし、「私は神の創造物を気にかけているのであり、それはLBGTの人すべても同様です」とホモフォビアの意識はないとコメント。しかし、「あれは私が話したことの全てじゃない」などとして陥れられたと主張し、「昨夜の私は“LBGT”とは言ってない。S-I-N(罪)と言っただけ」と否定しただけでなく、「私は弁解や謝罪はしない」としたため、さらに炎上が拡大した。その後、このビデオ・メッセージは削除されている。

これに対し、映画『Hidden Figures』のサウンドトラックのために“I See A Victory”でキム・バレルと組んだファレル・ウィリアムスは、名前こそ出さなかったものの、「あらゆる種類のヘイト・スピーチを非難します」とのメッセージをInstagramで発信。『Hidden Figures』に女優としても出演しているジャネル・モネイ(Janelle Monae)もまた、ファレルの声明を引用しつつ、「私が、LBGTQコミュニティに対する憎しみに満ちたあらゆるコメントをはっきりと否定していることを知ってほしい」などとファレルを支持した。他にも「クリスチャンにはキリストの教えにかなうようにあることに専念してほしいものだ」などと皮肉交じりのツイートをしたクエストラヴ(Questlove)を始め、チャカ・カーンや同じゴスペル歌手のヨランダ・アダムス(Yolanda Adams)など、アーティストを中心に多くのスターが今回のキム・バレルの発言についてと見られるコメントをし、いずれも差別的な発言は受け入れられないという態度を見せた。

折しも、1月5日には人気TV番組『エレンの部屋』に生出演し、ファレルと共に“I See A Victory”のライブ・パフォーマンスを予定。しかし、『エレンの部屋』の司会者エレン・デジェネレスは同性愛者であることを公言していることから、エレンがどう対応するかも注目されたが、米時間で3日夜、公式Twitterで「キム・バレルは私の番組に出演しないことになりました」と発表した。

しかし、これだけで騒動は収束せず、前後してフランク・オーシャンの母親もキム・バレルについてコメント。最新作『blonde』にゲストとして招かれたキム・バレルだが、フランク・オーシャンは、デビュー・アルバム『channel ORANGE』の発表にあたって、初恋の相手が同性だったことを明かしており、フランク・オーシャンの母親はTwitterで、息子へ話しかけるような形式で、「あなたの曲からキム・バレルの歌声を削除しない?」などとツイートし、キム・バレルを非難している。

I shouldn’t even have to post this as you guys should already know where I stand but If you do not pls know I unequivocally repudiate ANY AND ALL hateful comments against the LGBTQ community. In addition, I feel we all belong to the same community, a shared community called humanity. And today and tomorrow and the next day I will continue to stand with other like minded people who condemn any and all statements and actions that would seek to deny the basic humanity of our fellow brothers and sisters. We cannot sit Idly by nor will we speak silently when we are confronted with such violence against members of our community. I am personally beyond exhausted by the ignorance and bigotry living in some people. At times I want to punch and I want to slap a lot of people when I read and hear the shit that comes out their mouthes !!! I will rejoice when folks stop thinking they ARE GOD, Jesus’ assistant, picking and choosing what “sins” are acceptable in the Bible, and using the Bible as a whip! WE can’t afford anymore tearing down of our shared humanity. My advice: If your religion is causing you to spew out words of hate, judge, or look down on others because of who one loves then you need to change it. And fast. If the religion don’t make you are more loving or better person, ditch it. But what do I know. My hope is that we ALL go into this new year considering for one moment that we don’t have all the answers. My hope is that we become more understanding, less judgmental, more tolerate, and more patient with one another. Including me. HAPPY NEW YEAR.

Janelle Monáeさん(@janellemonae)が投稿した写真 –