bmr

bmr>NEWS>実力派の新ボーカルを迎えた新生ブラン・ニュー・ヘヴィーズが2月に来日公演を開催

NEWS

実力派の新ボーカルを迎えた新生ブラン・ニュー・ヘヴィーズが2月に来日公演を開催

The Brand New Heavies with Sulene Fleming

90年代初頭に隆盛した「アシッド・ジャズ」ムーヴメントの先駆者にして、90年代の米R&Bシーンでも活躍し、世界的なヒットを飛ばした英人気ソウル~ファンク・バンド、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ(The Brand New Heavies)が、新たな女性ボーカルをフロントに据え、およそ1年半ぶりの来日公演を2月に開催する。

Never Stop”、“Dream On Dreamer”、“You Are The Universe”などのヒットで知られ、日本でも根強い人気を誇るブラン・ニュー・ヘヴィーズ。2013年におよそ7年ぶりの新作となった『Forward』をリリースしたのを皮切りに活動が活発化させ、同年末には、ヘヴィーズのギタリストとして知られるサイモン・バーソロミュー(Simon James Bartholomew)らによるディスコ・プロジェクト=JBZ(ジェイビーズィー)が、オマー(Omar)、ジョセリン・ブラウン(Jocelyn Brown)、ジュニア(Junior Giscombe)、KC&ザ・サンシャイン・バンド(KC & The Sunshine Band)ら豪華アーティストを迎えた『iDisco』を発売、2014年には早々にヘヴィーズの新作『Sweet Freaks』を発売した。

さらに2015年は、デビュー作『The Brand New Heavies』と2作目『Heavy Rhyme Experience, Vol. 1』がレア曲や世界初・正式収録曲などをボーナス収録した形で再発され、ファンを歓喜させたほか、ボーカルを除くヘヴィーズの3人を中心としたジ・エレファント(The Elephant)によるファンキーなインスト新作『The Brand New Heavies presents The Elephant In Room』や、ヘヴィーズのスウェーデン公演を記録した『Live At The Soul Kitchen, Gothenburg』なども発表。2016年夏のリリースという当初の予定は実現ならなかったものの、エンディア・ダヴェンポート(N’Dea Davenport)をボーカルに迎えたEP『TBNHND』のリリースが今年は期待されるほか、以前からアナウンスされている『The Heavy Rhyme Experience Vol. 2』も2017年リリース予定とされており、その勢いはますます止まらない。

ここ最近は毎年のように来日していたものの、昨年は日本でのライブが無かったヘヴィーズだが、前回の来日からおよそ1年半ぶりとなる待望の来日公演が決定。2月9日(木)から11日(土・祝)までブルーノート東京で開催される。今回は、昨年からヘヴィーズのボーカルに就任したスリーン・フレミング(Sulene Fleming)と共に登場。ニュー・マスター・サウンズ(The New Mastersounds)のデビュー作を始め、英ファンク~ソウル・バンドのザ・ファンタスティックス(The Fantastics!)や、昨年発表されたインコグニート(Incognito)の最新作などに参加し、2015年には初期ジャミロクワイのドラマーとして活躍したことで知られるニック・ヴァン・ゲルダー(Nick Van Gelder)とのデュオ=ヴァン・ゲルダー/フレミング(Van Gelder/Fleming)としてアルバム『Loveland』をリリースしていた実力派シンガーだ。ヘヴィーズのサイモンが、「チャカ・カーンを思い出す」と称賛するスリーン・フレミングを新ボーカルに据え、8人編成のバンド形態でのライブ・パフォーマンスが3日間に渡って繰り広げられる。

ブラン・ニュー・ヘヴィーズ来日公演
会場:ブルーノート東京
日時:
2017年2月9日(木)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:20 開演21:00
2017年2月9日(木)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:20 開演21:00
2017年2月11日(土・祝)1stステージ開場16:00 開演17:00/2ndステージ開場19:00 開演20:00

価格:8,500円(税込)

来日予定メンバー:
Simon Bartholomew (g)
Andrew Levy (b)
Sulene Fleming (vo)
Bryan Corbett (tp)
Richard Beesley (sax)
Matt Steele (key)
Lily Gonzalez (back vo, per)
Luke Harris (ds)