bmr

bmr>NEWS>R.ケリー、2017年は「R&Bヒップホップ」な新作に、あの「クローゼット間男」続編も?

NEWS

R.ケリー、2017年は「R&Bヒップホップ」な新作に、あの「クローゼット間男」続編も?

R. Kelly - Trapped In The Closet scene

自身初のクリスマス・アルバム『12 Nights Of Christmas』を先日リリースしたばかりのR&B界の帝王、R.ケリー(R. Kelly)が、2017年のプランについて明かしている。

数年前から制作が伝えられてきた『12 Nights Of Christmas』(→ 全曲試聴可)をついに今年10月にリリースし、これを記念したクリスマス・ツアーも今月行ったR.ケリー。シカゴだけでなくアトランタでも生活しているR.ケリーは、アトランタの地元紙のインタビューに対し、「クリスマス・アルバムは10年近くに渡ってずっと制作してきたものだ。毎年、1曲~2曲を作っていく形でね。全曲オリジナルということにこだわりたかったし、クリスマス・ミュージックとしてこれから何年もみんなが聴いてくれるようなものを創りたかった。ナット・キング・コールみたいな偉人たちと同じようにね」と語り、20年以上のキャリアの中で初めてとなったクリスマス・アルバムの出来を気に入っているようだ。また、初のクリスマス・ツアーについて、「セックス・ソングだけじゃないということを知ってもらいたい」と意気込みながらも、アルバムに収録される“Mrs. Santa Clause”について話が及ぶと、「サンタクロースにだって奥さんがいて、メイクラブするんだって俺は信じてるから」と自論を展開している。

そして20年以上に渡って第一線で活躍し続けてきたこのR&Bの帝王は、早くも次のアルバムの準備を進めているようだ。2017年の予定について訊ねられると、「まだタイトルは決まっていない」としながら、「R&Bヒップホップのアルバム」を用意しているとコメント。詳細は不明だが、「ビュッフェのようにあらゆるタイプのものが少しづつ並ぶ」として様々なタイプの音楽性を同居させた前作『The Buffet』よりも、R&Bやヒップホップに特化した内容になりそうだ。

さらにR.ケリーは、自ら脚本/監督/主演/歌のひとり四役をこなした昼ドラ系の長編ミュージック・ビデオ作品『Trapped In The Closet』について触れ、「新しいストーリーが35話も出来てるんだ。すごく楽しみだよ。絶対に来年公開になると思う」と力を込めてコメント。2005年と2007年にR.ケリーが連続ミュージック・ビデオのシリーズ形式でそれぞれ発表した『Trapped In The Closet』は、「ゲトー・ソープ・オペラ」と題した昼ドラ系の長編ミュージカル作品で、関係を持った女性が実は既婚者で、旦那が帰宅したためクローゼットに隠れるも携帯電話が鳴ってしまい……というストーリーを22話に渡って展開。この作品に強い思い入れを持つR.ケリーは、ケーブル局のIFCと組んで2012年に再始動させ、33話までの第3シーズンを展開している。さらなる続編については以前にも、IFCが新シーズンを2014年に公開予定としていたが、その後音沙汰は途絶えていた。