bmr

bmr>NEWS>T.I.の2年ぶり新作がTIDAL以外でも配信開始 チャーリー・ウィルソン、ザ・ドリーム、ミーク・ミルら参加

NEWS

T.I.の2年ぶり新作がTIDAL以外でも配信開始 チャーリー・ウィルソン、ザ・ドリーム、ミーク・ミルら参加

T.I. - Us or Else: Letter To The System

数々のナンバー・ワン・ヒットを持ち、3度のグラミーに輝くなど人気のラッパー、T.I.が先週16日にTIDAL独占配信リリースした最新作『Us or Else: Letter To The System』が、iTunes/Apple Musicなど他のデジタル・プラットフォームでの配信も開始された。

ビヨンセ(Beyonce)やファレル(Pharrell)、ダフト・パンク(Daft Punk)、ジョン・レジェンド(John Legend)らが所属していることで知られるメジャー・レーベル、Columbia Recordsに移籍し、ファレルがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた『Paperwork』を2014年に発表するも、その後Columbiaを離れてインディペンデントになっていたT.I.。今年2月には、ジェイ・Z(Jay Z)が昨年3月に再始動させ、アーティストたちが共同でオーナーを務める定額制音楽ストリーミング・サービス「TIDAL」(タイダル)の新たな共同オーナーに参画したことが発表され、9月にはEP『Us or Else』を、そして今月16日にはニュー・アルバム『Us or Else: Letter To The System』がTIDAL独占コンテンツとしてサプライズ配信された。

EP『Us or Else』はその後、他のデジタル・プラットフォームへの配信も解禁されたが、『Paperwork』以来およそ2年ぶりのアルバムとなる最新作『Us or Else: Letter To The System』もまた、TIDALでの配信開始から1週間後となる12月23日にiTunes/Apple MusicやSpotify、Amazon Musicなど他のデジタル・プラットフォームでの配信がスタート。TIDALはいまだ日本ではサービスが開始されていないため、日本のファンにとっては嬉しい処置となる。

この最新作は、EP『Us or Else』に収録された全6曲に、さらに9曲を加えた全15曲という内容で、B.o.Bキラー・マイク(Killer Mike)、ミーゴズ(Migos)のクエヴォ(Quavo)やザ・ドリーム(The-Dream)といった活動拠点となるアトランタ勢を中心に、ミーク・ミル(Meek Mill)、ビッグ・K.R.I.T.(Big K.R.I.T.)らに、ソウル/ファンク界の大御所チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)など10組以上がゲスト参加している。

元々のEPが、警察による行き過ぎた暴力や、人種差別問題など、米社会でここ数年、社会問題化しているトピックを扱ったコンシャスな作品であり、「不当な仕打ちが繰り返されるのをずっと見てきた。そして声に出さねばと思った。数百万人という人の中で、自分をサポートしてくれる多くが、自分のように発信するプラットフォームを持つという特権を持っているわけじゃない。だから、彼らの声になるよい機会だと思った。彼らが日々苦しみ、もがいてきたことへ注目を集め、そして誤りを正すために。そして、我々自身もまた目覚め、自分たちやコミュニティへ投資してほしいと思っている」との想いが込められた作品の「完全版」といったアルバムだ。

1. I Believe
2. Ah No No (feat. Translee)
3. Black Man (feat. Quavo, Meek Mill & Rara)
4. Lazy (feat. Lady G, Tokyo Jetz, Rara & London Jae)
5. Warzone
6. Writer (feat. Translee & B.o.B)
7. Letter To The System (feat. London Jae & Translee)
8. We Will Not
9. Pain (feat. London Jae)
10. Switchin Lanes (feat. Big K.R.I.T. & Trev Case)
11. Picture Me Mobbin (feat. The-Dream)
12. 40 Acres (feat. B Rossi & Killer Mike)
13. I Swear
14. Here We Go / Don’t Fall For That (feat. Charlie Wilson)
15. Take da Wheel