bmr

bmr>NEWS>人気R&Bシンガーのジョー、3月に東京と大阪で2年ぶり来日公演を開催

NEWS

人気R&Bシンガーのジョー、3月に東京と大阪で2年ぶり来日公演を開催

Joe Thomas

20年以上のキャリアの中で世界でトータル1000万枚以上を売り上げたベテランR&Bシンガーのジョー(Joe Thomas)が、最新作『#MYNAMEISJOETHOMAS』を引っさげて来年3月に来日公演を行うことが発表された。

I Wanna Know”、“Stutter”、“All The Things (Your Man Won’t Do)”などのヒットで知られるジョーは先月、前作からおよそ2年4ヶ月ぶり、自身12作目のスタジオ・アルバムとなる『#MYNAMEISJOETHOMAS』をリリース。昨年話題になったアデル(Adele)の大ヒット・バラード“Hello”のソウルフルなカバーや、オーティス・レディング(Otis Redding)の名曲“Try A Little Tenderness”をリメイクした“Our Anthem”など、ジョーのR&Bシンガーとしての魅力を改めて確認できる作品に。また、“Happy Hour”にゲスト参加したグッチ・メイン(Gucci Mane)が、ラップの中で「このアルバムが最後のアルバムだってジョーが言ってて悲しくなった」と触れるなど、今作を最後に引退するとの話も浮上している点でも話題になっている。

この最新作は、米R&B/Hip-Hopアルバム・チャートで初登場2位を記録。ジョーは、1993年発売のデビュー作『Everything』をのぞき、同チャート初登場4位となった97年発売の2作目『All That I Am』以降、すべてのアルバムがR&B/Hip-Hopアルバム・チャートでトップ5を記録。11作が連続トップ5入りしたというジョーの記録は、この20年においては最多となる。

その人気が不動であることを改めて示したジョーが、この最新作『#MYNAMEISJOETHOMAS』を引っさげて2017年におよそ2年ぶりの来日公演を行うことが決定。2017年3月6日(月)、9日(木)~11日(土)の4日間をビルボードライブ東京で、3月7日(火)と13日(月)の2日間をビルボードライブ大阪で開催する。親日家でもあるジョーはこれまで何度も来日公演を行ってきたが、そのたびに観客を魅了してきたその歌声を今回も間近で味わうことが出来そうだ。

なお今週12月14日(水)には、最新作『#MYNAMEISJOETHOMAS』の日本盤が発売。“Happy Hour”のグッチ・メインのラップを省いたジョー単独バージョンがボーナストラックとして追加される。

「ジョー来日公演」
■ ビルボードライブ東京公演
日時:
2017年3月6日(月)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30 ※特別営業時間となります
2017年3月9日(木)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30 ※特別営業時間となります
2017年3月10日(金)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30 ※特別営業時間となります
2017年3月11日(土)1stステージ開場17:00 開演18:00/2ndステージ開場20:00 開演21:00
価格:サービスエリア 14,800円/カジュアルエリア 13,300円

■ ビルボードライブ大阪公演
日時:
2017年3月7日(火)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30
2017年3月13日(月)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30
価格:サービスエリア 14,800円/カジュアルエリア 13,800円

“So I Can Have You Back” / “I Wanna Know” (live)

1. Lean Into It
2. Don’t Lock Me Out
3. Wear The Night
4. So I Can Have You Back
5. No Chance
6. Happy Hour (feat. Gucci Mane)
7. Hollow
8. Hurricane
9. Can’t Run From Love
10. Tough Guy
11. Lay You Down
12. I Swear
13. Love Centric
14. Celebrate You
15. Our Anthem
16. Hello
17. Happy Hour (without rap) [Japanese bonus]