bmr

bmr>NEWS>グラスパー、C・マクブライド、ヴィヴィアン・グリーンら参加 ジャズの新星が日本デビュー

NEWS

グラスパー、C・マクブライド、ヴィヴィアン・グリーンら参加 ジャズの新星が日本デビュー

Laurin Talese - Gorgeous Chaos

[※全曲フル試聴は終了しました]

ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)のツアーでミュージカル・ディレクターを務めたほか、ジル・スコット(Jill Scott)やザ・ルーツ(The Roos)のグラミー候補作でプロデュースも手がけているアダム・ブラックストーン(Adam Blackstone)がバックアップする新星ジャズ・シンガー、ローリン・タリーズ(Laurin Talese)が日本デビューを果たした。

Philadelphia Inquirer紙が「ローリン・タリーズの歌声はまるでクリスマスの朝のようだ」、Chicago Tribue紙が「滅多に耳にできない、豊かで華麗なフレージングのジャズ・ボーカル」と評するなど、活動拠点のフィラデルフィアを中心にその歌声が話題となっているローリン・タリーズ。オハイオ州クリーブランド出身の彼女は、高校を卒業後にフィラデルフィアの芸術大学に進学して本格的にジャズ・ボーカルを学ぶ。ジャズだけでなく、フィラデルフィアのネオ・ソウル・シーンでも活動し、ビラル(Bilal)、ヴィヴィアン・グリーン(Vivian Green)、ジャグアー・ライト(Jaguar Wright)や、ドイツの女性ソウル・シンガー、ジョイ・デナラーニ(Joy Denalane)のフィリー録音作などでバックコーラスを担当。特にヴィヴィアンは、2010年作『Beautiful』の“Caught Up”や、2012年作『The Green Room』の“Light Up The Universe”でローリンの歌声をフィーチャーするなど以前からバックアップしていた。

その歌声の評判を聞きつけ、彼女を自身のBASSic Black Entertainmentに契約したのが、アダム・ブラックストーンだった。ローリン・タリーズと同じ芸術大学の卒業生であるアダム・ブラックストーンは、ジル・スコット、ザ・ルーツ、ヴィヴィアン・グリーンといったフィラデルフィアのアーティストの作品を始め、アル・グリーン(Al Green)の近作などのプロデュースに携わり、またジャスティン・ティンバーレイクの世界ツアー〈The 20/20 Experience World Tour〉やジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)の世界ツアー〈Unbreakable World Tour〉のミュージカル・ディレクターを務めたほか、ジェイ・Z(Jay Z)、エミネム(Eminem)、リアーナ(Rihanna)らのツアーを経験したベテラン・プロデューサー/ベーシスト。このアダム・ブラックストーンと、クリスチャン・マクブライド(Christian McBride)らのお気に入りドラマーとしても知られるユリシス・オーウェンズ・ジュニア(Ulysses Owens, Jr.)の全面プロデュースによって、ローリン・タリーズのデビュー・アルバム『Gorgeous Chaos』が完成した。

2013年頃にはロバート・グラスパーがピアノを弾く“Winter”が発表され、グラスパーの『Black Radio』に通ずるネオ・ソウル色のある新世代ジャズのサウンドと、ローリンの歌声が早耳の音楽ファンの間で話題になったが、当初からアナウンスされたアルバムはなかなか世に出ず、2015年になってようやく“Winter”を収録した3曲入りEP『An Invitation』がリリース。そして今年、ついにフル・アルバムの登場となる。

日本で12月に発売となったデビュー・アルバム『Gorgeous Chaos』は、ロバート・グラスパークリスチャン・マクブライドらが参加した『An Invitation』の楽曲も全て収録されているほか、ローリンを以前から支えていた先輩格のヴィヴィアン・グリーンとのデュエット、またビラルの“Love Poems”をジャズ流にカバーするなど、彼女のこれまでのキャリアを総括したような内容だ。また、ビラル以外にもジョージ・マイケル(George Michael)や、ミュージカル映画『NINE』の劇中歌などをカバーしている。アルバムには、グラスパーが複数曲で演奏している他にも、ドンテイ・ウィンスロー(Dontae Winslow)、ベン・オニール(Ben O’Neill)、エリック・ウォータム二世(Eric Wortham II)といったフィリーのミュージシャンたちを中心に名手が演奏に参加。「まるでクリスマスの朝のよう」と評されたローリンの温かみのある歌声を主軸においたジャズ・ボーカル作品となっており、これからの季節にもぴったりなロマンティックな雰囲気も讃えている。

1. Someone To Watch Over Me (Gershwin)
2. This Love (Talese/Wortham/Blackstone)
3. My Husband (Yeston)
4. Trenchcoat (Talese/Hawkins/Blackstone)
5. Love Poems (Oliver/Whatley/Comess)
6. Same Mistakes (Talese/Hawkins/Blackstone)
7. Winter (feat. Robert Glasper) (Talese/Wortham/Blackstone)
8. Kissing A Fool (feat. Vivian Green) (Michael)
9. Made Up My Mind (Talese/Wortham/Blackstone)
10. Tik Tok (O’Neill)
11. Forgive And Forget (Talese/Hicks/Bervine/Sears)
12. Cry Me A River (Hamilton)