bmr

bmr>NEWS>プリンスのキャリア初期を映すドキュメンタリー映画が来年公開へ シーラ・Eやバンド・メンバーらも出演

NEWS

プリンスのキャリア初期を映すドキュメンタリー映画が来年公開へ シーラ・Eやバンド・メンバーらも出演

Prince 4Ever

今年4月21日に57歳の若さで急逝した音楽界の伝説、プリンス(Prince)のキャリア初期を追いかけるドキュメンタリー『Prince: R U Listening?』が製作されていることが明らかになった。

これは、映画情報メディアのScreen Dailyが独占ニュースとして報じたもので、その後、この映画のディストリビューションに関わるAscot Elite Entertainment Groupの広報がこのニュースを事実だと認めた

Screen Dailyの報道によると、スイスの映画配給会社であるAscot Elite Entertainment Groupが、プリンスのドキュメンタリー映画の配給権を獲得。『Prince: R U Listening?』と題されたこの作品は、スターへと駆け上がっていくキャリア当初を写しだしたものになるとのことだが、詳細は明かされていない。だが、シーラ・E(Sheila E)や、プリンスが率いたバンド=レボルーション(The Revolution)のメンバーだったギタリストのデズ・ディッカーソン(Dez Dickerson)、プリンスの幼なじみで、デビュー当初からツアー・バンドで弾いていたベーシストのアンドレ・シモン(Andre Cymone)といった面々から、U2のボノ(Bono)、ミック・ジャガー(Mick Jagger)、レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)らによるインタビューが劇中に登場するようだ。

Screen Dailyによれば、この映画は2017年の第2四半期の公開を予定しているとのことで、来年4月の1周忌のタイミングになるのではと推測されている。但し、Ascot Elite Entertainment Groupが獲得したのは、欧州のドイツ語圏における配給権とされており、その他地域での展開などは残念ながらまだ明らかにされていない。また、Screen Dailyの初報では、米公共放送サービス(PBS)のドキュメンタリー番組『フロントライン』で知られるマイケル・カークが、このドキュメンタリーのプロデュースおよび監督を務めるとされていたが、こちらについては誤報だったと後に訂正されている。

なお、来年4月の1周忌には、4月20日から23日にかけてペイズリーパークでプリンスを讃えるトリビュート・コンサートが開催予定で、モリス・デイ&ザ・タイム(Morris Day & The Time)、レボルーション、ニュー・パワー・ジェネレーション(New Power Generation)、リヴ・ウォーフィールド(Liv Warfield)、シェルビー・J(Shelby J)、サードアイガール(3rdEyeGirl)の出演が発表されている。