bmr

bmr>NEWS>ジョージ・クリントン&Pファンク軍団の思想や哲学を読み解く解説本が発売

NEWS

ジョージ・クリントン&Pファンク軍団の思想や哲学を読み解く解説本が発売

丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ

2014年末には33年ぶりとなるファンカデリック(Funkadelic)のオリジナル新作を発表し、この11月末にはビルボードライブでの来日公演を控えるジョージ・クリントン(George Clinton)を中心としたPファンク軍団の思想や哲学を読み解く書籍『丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ』が発売された。

ジョージ・クリントン率いるパーラメント(Parliament)/ファンカデリックを中心に、ブーツィ・コリンズ(Bootsy Collins)、バーニー・ウォーレル(Bernie Worrell)といった才能が集合、全盛期を迎えた70年代にファンクのイメージを更新した「Pファンク」。80年代以降もドクター・ドレー(Dr. Dre)らウェストコースト・ヒップホップ勢を中心にサンプリングされ、現在に至るまで熱狂的なファンを獲得している。2014年にはファンカデリックの33年ぶり新作をリリースしたPファンクの総帥ジョージ・クリントンは、人気若手ラッパー、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のグラミー授賞作『To Pimp A Butterfly』への参加を始め、ロサンジェルスの鬼才フライング・ロータス(Flying Lotus)のレーベルから新作をリリース予定だとアナウンスするなど、70代半ばを迎えながら、新たな黄金期を築きつつある。

今年は、500ページ以上に及ぶ自伝本『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝』も7月に発売になったばかりだが、ジョージ・クリントン&パーラメント/ファンカデリックの来日公演を前に、ブラック・ミュージック界の超大物であるジョージ・クリントンとPファンク軍団の作品世界を考察する、新たな書籍が発行された。

ブラック・ミュージックを中心に扱うウェブ・メディア=bmrの編集長で、過去にPファンク関係の記事やライナーノーツ等を多数執筆してきた丸屋九兵衛が執筆した『ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ』は、日本人には難解で、親しみにくいPファンクの思想を解説していくもの。Pファンクは、アルバム自体がコミカルSF的なストーリー仕立てになっており、「Pファンク神話」として研究の対象にもなっているものの、本国アメリカでも誤読されていることもある。これを、SF評論家としても活動する筆者がひも解いていくというのが本書で、Pファンク神話の根幹にある黒人特有の未来SF思考「アフロフューチャリズム」を始め、Pファンクという概念を生み出したジョージ・クリントンらの思想、ファンカデリックの政治性などが丁寧に説明される。

他にも、タワーレコード渋谷店で行われた昨年のインストア・イベントでジョージ・クリントン本人とのトークセッションを振り返り、舞台裏での交流の様子についても窺うことのできるコラムや、「ブーツィ・コリンズに文章を誉められて文筆業を目指すようになった」エピソード、Pファンク作品の紹介など、およそ200ページとなる全編にわたってPファンク愛が詰まった書籍となっている。なお、SPACE SHOWER STOREで購入すると、特典として丸屋九兵衛がさらにPファンクに関するトリビアを語るという音声解説ファイルのmp3ダウンロードカードが封入予定。

また、同書の発売を記念して12月7日(水)に銀座のH本屋 EDIT TOKYOでトークイベントが行われるほか、12月16日(金)には、丸屋九兵衛のトークイベント〈Q-B-CONTINUED〉が渋谷のレッドブル・スタジオ東京で開催。こちらは19時からの第一部が『丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ』発売記念の回となり、20時30分からの第二部は、Pファンクとも縁の深い「ファンタジー」の世界を追究するという2本立ての構成となっている。

「ジョージ・クリントン&パーラメント/ファンカデリック来日公演」
■ 大阪公演
日時:2016年11月28日(月)
1stステージ 開場17:30/開演18:30
2ndステージ 開場20:30/開演21:30
価格:サービスエリア 16,000円 /カジュアルエリア 15,000円

■ 東京公演
日時:2016年11月29日(月)、30日(火)
1stステージ 開場17:30/開演19:00
2ndステージ 開場20:45/開演21:30
価格:サービスエリア 14,800円 /カジュアルエリア 13,300円