bmr

bmr>NEWS>レイ・シュリマー&グッチ・メイン、「マネキン・チャレンジ」効果で初の全米チャート1位を獲得

NEWS

レイ・シュリマー&グッチ・メイン、「マネキン・チャレンジ」効果で初の全米チャート1位を獲得

Rae Sremmurd - Sremmlife 2

マネキンのように静止した状態を保つことに挑戦するバイラル動画「マネキン・チャレンジ」(#MannequinChallenge)のBGMに使われていることで注目度が高まっているレイ・シュリマー(Rae Sremmurd)の“Black Beatles”が、今週ついに全米シングル総合チャートで1位を獲得した。

21歳のスウェイ・リー(Swae Lee)と22歳のスリム・ジミー(Slim Jxmmi)から成るレイ・シュリマーは、ビヨンセ(Beyonce)の“Formation”やマイリー・サイラス(Miley Cyrus)のヒット“We Can’t Stop”などを手がけたことでも知られる人気プロデューサーのマイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)のレーベル EarsDrummersに所属する男性ヒップホップ・デュオ。2014年にデビュー・シングル“No Flex Zone”、続く“No Type”がそれぞれ全米チャートで最高36位、16位とヒットになるなど人気の若手グループだ。

彼らの後見人であるマイク・ウィル・メイド・イットがプロデュースを手がけ、グッチ・メイン(Gucci Mane)がゲスト参加した“Black Beatles”は、彼らが8月にリリースしたメジャー2作目『SremmLife 2』からのシングル。元々、チャートイン3週目の10月頭に前週77位から41位、チャートイン6週目となる10月下旬に前週33位から22位へと上昇するなど注目されていた曲だが、10月末に高校生が公開した動画がきっかけとなってSNSを中心に爆発的に流行中の「マネキン・チャレンジ」の多くでBGMに使われたことから、先週は前週16位から9位までランクアップ。彼ら初のトップ10ヒットとなっていた。

レイ・シュリマーたちもこの流行に乗ってライブ中にマネキン・チャレンジを試みた動画を公開し、こちらも大きな話題になったのに加え、スリム・ジミーが「俺とポール・マッカートニーは親戚」とうそぶくなど歌詞でも言及されている本家ビートルズのポール・マッカートニーまでが、自ら“Black Beatles”を使ったマネキン・チェレンジ動画を公開したこともあってさらに人気は爆発。今週の全米チャートで、ついに12週連続で1位と独走していたチェインスモーカーズ(The Chainsmokers)の“Closer”を破り、先週の9位からトップの座までジャンプアップした。

“Black Beatles”は、ストリーミング・チャートでも1位となるなど、YouTubeやSpotifyなどでのストリーミング再生回数が伸びたほか、デジタル・ダウンロード数も前週比320%アップのおよそ14万4000ダウンロードを記録するなど大ヒット。レイ・シュリマーにとって初のナンバーワン・ヒットとなっただけでなく、客演のグッチ・メイン、さらにプロデューサーのマイク・ウィル・メイド・イットにとっても初の1位獲得となった。

またこの「マネキン・チャレンジ」ブームによる人気は、“Black Beatles”を収録した彼らのアルバム『SremmLife 2』そのものにも波及。元々同作は発売時、初週およそ1万5000枚を売り上げ、ストリーミング再生数などをポイントとして加算した総合でおよそ1万8000枚相当となり、初登場7位にランクインしていたが、アルバム発売から3ヵ月経ち、今週の全米アルバム・チャートで前週21位から5位へと急上昇。同作は今週、ストリーミング再生数が大きく牽引する形で総合でおよそ3万9000枚相当(実売はおよそ3000枚)を記録しており、順位だけでなく総合ポイントでも発売時を上回る結果となった。さらにこの『SremmLife 2』からは、新たに“Look Alive”がシングル総合チャートで今週71位に初登場となるなど、マネキン・チャレンジ効果によるレイ・シュリマー旋風がチャートに現れている。

今週のシングル総合チャートは、チェインスモーカーズ“Closer”が2位に下がった影響で、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)がダフト・パンク(Daft Punk)とコラボレーションした“Starboy”など先週のトップ5が玉突きでそれぞれ1ランクダウン。「#TzAnthemChallenge」などのハッシュタグで知られるダンス・チャレンジ動画が、「マネキン・チャレンジ」より先にSNSで流行していたゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコール(Zay Hilfigerrr & Zayion McCall)という10代のラップ・デュオによる“Juju On That Beat (TZ Anthem)”も、先週のまま8位をキープしているなどトップ10の変わり映えは少ない。先月末、初登場2週目で9位まで急上昇した、グラミー授賞人気ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)をゲストに迎えたマルーン5(Maroon 5)の最新シングル“Don’t Wanna Know”は、一度トップ10外にランクダウンしていたものの、今週ふたたび9位へと順位を戻している。

10月29日に“Fake Love”、“Sneakin’”、“Two Birds, One Stone”の3曲を同時にリリースしたカナダのラップ・スター、ドレイク(Drake)は、“Fake Love”がチャートイン2週目で先週10位まで上昇していたものの、今週は17位へと下がった。同様に、トゥエニーワン・サヴィジ(21 Savage)をゲストに迎えた“Sneakin’”も前週28位まで上がったものの今週は48位にダウン、前週73位に初登場となった“Two Birds, One Stone”は早くもトップ100圏外となった。もっとも“Sneakin’”のミュージック・ビデオが先日公開されたため、“Sneakin’”のほうは再び上昇する可能性がありそうだ。またドレイク関連では、昨年コラボレーション作も発表したフューチャー(Future)の最新シングル“Used To This”にフィーチャーされているが、この曲が今週、初登場で14位となっている。

ドレイク“Sneakin’”にゲスト参加した24歳の若手ラッパー、トゥエニーワン・サヴィジは、全米チャート最高12位のヒットとなったドレイク+フューチャーの“Jumpman”などを手がけたメトロ・ブーミン(Metro Boomin)とのコラボレーションEP『Savage Mode』を7月にリリースしているが、ドレイク新曲にフィーチャーされた効果もあって『Savage Mode』収録曲が上昇中。フューチャー参加の“X”が先週47位から今週37位に、また“No Heart”が先週71位から今週57位とランクアップしている。

なお、レイ・シュリマー『SremmLife 2』が5位に再浮上した全米アルバム・チャートは、ボン・ジョヴィ最新作『This House Is Not For Sale』が初登場1位に。アリシア・キーズ(Alicia Keys)のニュー・アルバム『Here』は総合およそ5万枚(実売およそ4万2000枚)で初登場2位に。R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートでは初登場1位となった。また3位には、アニメ映画『Trolls』の公開を受けてこのサウンドトラックが前週39位から急上昇。映画でメインキャストの声優も務めるジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が監修し、ジャスティンの最新シングル“Can’t Stop The Feeling!”も収録したこのサウンドトラックは、9月に先行発売されていたが、今月頭に公開された映画のヒットもあって、今週はおよそ4万7000枚相当(実売およそ3万6000枚)を記録している。こちらも発売時は初登場33位で、レイ・シュリマー同様に発売時を上回る結果となった。なお映画の日本公開予定は現在のところ発表されていない。

Hot 100:
1.(↑9) Rae Sremmurd ft. Gucci Mane – Black Beatles
2.(↓1) The Chainsmokers ft. Halsey – Closer
3.(↓2) The Weeknd ft. Daft Punk – Starboy
4.(↓3) twnety one pilot – Heathens
5.(↓4) DJ Snake ft. Justin Bieber – Let Me Love You
6.(↑7) Bruno Mars – 24K Magic
7.(↓6) Ariana Grande ft. Nicki Minaj – Side To Side
8.(←8) Zay Hilfigerrr & Zayion McCall – Juju On That Beat (TZ Anthem)
9.(↓9) D.R.A.M. ft. Lil Yachty - Broccoli
10.(↑24) Maroon 5 ft. Kendrick Lamar – Don’t Wanna Know

Billboard 200:
1 (-) Bon Jovi – This House Is Not For Sale
2 (-) Alicia Keys – Here
3 (↑39) va – Trolls: Original Motion Picture Soundtrack
4 (↑6) Pentatonix – A Pentatonix Christmas
5 (↑21) Rae Sremmurd – Sremmlife 2