bmr

bmr>NEWS>ア・トライブ・コールド・クエスト、18年ぶり新作は11月11日発売に Qティップが明かす

NEWS

ア・トライブ・コールド・クエスト、18年ぶり新作は11月11日発売に Qティップが明かす

A Tribe Called Quest

昨年デビュー25周年を迎えたア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)の噂されるニュー・アルバムが、11月発売になることをQティップ(Q-Tip)が明かした。

90年代に活躍した伝説のヒップホップ・グループとして今なお人気を誇るア・トライブ・コールド・クエスト。1998年の『The Love Movement』を最後に解散したものの、2000年代に入って何度か再結成もされており、昨年11月にはデビュー作『People’s Instinctive Travels And The Paths Of Rhythm』の25周年記念バージョンも発売され、Qティップ、アリ・シャヒード(Ali Shaheed Muhammad)、ファイフ(Phife Dawg)、ジェロビ(Jarobi White)のオリジナル・メンバー4人が揃ってTV番組出演し、ライブ・パフォーマンスも披露したことも話題に。

今年3月にはファイフが糖尿病による合併症によって45歳の若さでこの世を去り、ヒップホップ界に衝撃が走ったが、今年8月には、Epic RecordsのCEOであるLA・リード(L.A. Reid)が、「ア・トライブ・コールド・クエストのアルバムが出る」、「ファイフが亡くなる前にレコーディングしたアルバムだ。とても嬉しいよ。スペシャルなものになる」、「ファイフもいるし、全員だ。ジェロビもいる、グループ全員が参加している」などと話し、未発表音源集などのコンピレーションのような作品ではなく、ア・トライブ・コールド・クエストの純然たる新作が間もなくリリース予定だと明かし、大きな反響を呼んだ。

そして日本時間で本日朝、QティップがFacebookに「世界中のグッド・ピープルへ」と題した文章を画像で投稿。昨年TV番組で4人揃ってパフォーマンスしたこと、そしてその夜にパリ同時多発テロ事件が起こったことについて触れ、4人でトライブの新作を作るべきだと感じた、と振り返りながら、「最後のア・トライブ・コールド・クエストのアルバム」が2016年11月11日に発売されるとアナウンスした。文中ではバスタ・ライムス(Busta Rhymes)とコンシークエンス(Consequence)がゲスト参加していることも明かしている。この新作は、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては『The Love Movement』以来、18年以上ぶりのリリースとなる。

なお、ファイフの死を受けて、彼の故郷であるニューヨーク市クイーンズ地区セントアルバンズのリンデン通りの一部が、ファイフのアーティストネームと本名を冠した「Malik ‘Phife Dawg’ Taylor Way」という名前に改められることが先日発表された。ファイフの誕生日の前日となる11月19日から改称される予定とのこと。

2015年11月13日、ATCQの4人がTV番組でザ・ルーツの演奏をバックに“Can I Kick It””を披露した映像