bmr

bmr>NEWS>来年のラッパー引退を宣言しているバウ・ワウが、ソウルジャ・ボーイとのコラボ・ミックステープを発表

NEWS

来年のラッパー引退を宣言しているバウ・ワウが、ソウルジャ・ボーイとのコラボ・ミックステープを発表

Soulja Boy & Bow Wow - Ignorant Shit

リル・バウ・ワウ(Lil’ Bow Wow)の名で弱冠13歳で2000年にデビュー、キッズ・ラッパーとしてアイドル的人気を博し、現在はTV司会者や俳優として活躍しているバウ・ワウ(Bow Wow)が、若手人気ラッパー/プロデューサーのソウルジャ・ボーイ(Soulja Boy)とのコラボレーションによるミックステープ『Ignorant Shit』を発表した。

6歳のときに、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)が1994年に放ったヒット“Gin And Juice”のミュージック・ビデオで弟役として出演するなど幼い頃からスヌープと交流を持ち、そのスヌープ命名によるリル・バウ・ワウ名義で2000年にデビューすると、このデビュー作『Beware Of Dog』は発売から1年と経たずにアメリカだけで200万枚以上を売り上げるなどキッズ・ラッパーとして一躍人気に。2005年にはオマリオン(Omarion)との“Let Me Hold You”や、当時交際していたシアラ(Ciara)との“Like You”が連続でトップ5ヒットとなるなど、アイドル的人気を誇るスターとして活躍していたが、2009年夏に移籍を発表したCash Money Recordsとはうまくいかず、発売するとした新作『Underrated』は度重なる延期のとなり、昨年にはついにCash Moneyを離脱。これにより『Underrated』はお蔵入りしており、2009年3月発表の『New Jack City II』から7年以上、オリジナル・スタジオ・アルバムは出ていない状態が続いている。

その間、TV番組の司会や、人気ドラマ『CSI:科学捜査班』のスピンオフとなる『CSI:サイバー』に本名のシャド・モス(Shad Moss)として出演するなど俳優として活動するほか、ラッパーとしてもミックステープ『Greenlight』シリーズを発表していたバウ・ワウだが、最近はラッパー引退を口にするように。昨年9月にはディディ(Diddy)改めパフ・ダディ(Puff Daddy)率いるBad Boyとマネジメント契約を結んだバウ・ワウは、今年8月にも「ずっと、30歳までに音楽活動からは引退すると言ってきた。単純に、30歳でラップをやっている自分を見てられないんだ」と漏らしており、『NYLTH』と題した「最後のアルバム」の準備を進めているとされる。

発言どおりならば、来年3月9日の30歳の誕生日までにラッパー引退となるバウ・ワウだが、『NYLTH』に先駆けて、ソウルジャ・ボーイとのミックステープ『Ignorant Shit』を急きょ発表。米で今週月曜に突然予告され、翌日にソウルジャ・ボーイが、無料ダウンロードできる形で公開した。全11曲を収録しており、リッチ・ザ・キッド(Rich The Kid)が唯一のゲスト・アーティストとして招かれている。米Billboard誌によるソウルジャ・ボーイのインタビューによれば、バウ・ワウのほうから連絡があり、1曲のゲスト参加やプロデュースの依頼ではなく、「一緒にアルバムを作ろう」と声をかけられたことが気に入って一緒にやることにしたのだとか。“Marco Polo”という2008年発売のシングルで共演経験のあるふたりは、その後数年に渡ってSNSやラップなどを通じてお互いを罵り合うなど不仲が続いていたが、「長いことビーフがあったけど、今は親友になったよ」と話している。レコーディングはLAのソウルジャ・ボーイの自宅スタジオでお行われたとか。

なお、2007年に、弱冠17歳ながら自らプロデュースもこなしたデビュー・シングル“Crank That (Soulja Boy)”が全米チャートで7週1位となる鮮烈なデビューを飾ったことで知られるソウルジャ・ボーイ、またはソウルジャ・ボーイ・テレム(Soulja Boy Tell’em)は、2010年発表の『The DeAndre Way』以降はインディペンデントで活動を続けているが、今年5月には、ソーシャル・ゲームなどを展開するWorld Poker Fund Holdingsと、400万ドル(およそ4億円)相当とされる5年契約を結んだことが発表されるなど、SNSやインターネットを中心に支持される人気アーティスト。今年4月にビヨンセ(Beyonce)が発表した最新作『Lemonade』からのシングル“Hold Up”の中で、彼の2008年ヒット“Turn My Swag On”が引用されたことも話題になったばかり。ソウルジャ・ボーイは、Instagramに#EpicRecordsというハッシュタグを付けて「プライベートジェットでニューヨークへ」とポストし、メジャー・レーベルのEpicとの契約が噂されているが、米Billboard誌の取材に「それについては話せないんだ。でもいくつか契約の話はしているところ」と話しており、来年はさらに活動が活発化しそうだ。

1. Intro
2. Ignant Shit
3. My House
4. Rick Flair
5. That Way Remix
6. All About Paper (feat. Rich The Kid)
7. Fucking Up A Check
8. Lean
9. Fight Fuck & Makeup
10. Louis Vuitton
11. What The Want

Surprise: Me and @shadmoss new collab album drops Tuesday on iTunes @applemusic

Gucci Boy Dre’coさん(@souljaboy)が投稿した動画 –

 

Private jet gang ✈️ @jetsmarter on my way to New York #EpicRecords

Gucci Boy Dre’coさん(@souljaboy)が投稿した写真 –