bmr

bmr>NEWS>ウィロウ、メラニー・フィオナ、デージ・ローフら総勢30組以上が参加、ジェシー・ボイキンス三世が新作を無料公開

NEWS

ウィロウ、メラニー・フィオナ、デージ・ローフら総勢30組以上が参加、ジェシー・ボイキンス三世が新作を無料公開

Jesse Boykins III - Bartholomew

ニューヨークを拠点に、「ワールド・ソウル」、「ロマンティック・ムーブメント」など独自のスタイルで新たなソウル・ミュージックを紡いでいる気鋭シンガー・ソングライター、ジェシー・ボイキンス三世(Jesse Boykins III)が、新作『Bartholomew』を発表。豪華アーティストが参加していながら、無料公開となっている。

ニューヨークのニュースクール大学でのビラル(Bilal)やロバート・グラスパー(Robert Glasper)らとの出会いを経て、ネオ・ソウル的なサウンドをまとってシーンに登場したジェシー・ボイキンス三世だが、近年は、活発なコラボレーションや、意欲的なミックステープ/フリー音源のリリースでダンス・ミュージック~エレクトロ・サウントにも接近。オランダのフル・クレイト(Full Crate)、日本のYosi Horikawa、カナダのゾディアック(Zodiac)など世界中のアーティストと組み、アンダーグラウンドの才能から、チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)率いるソーシャル・エクスペリメント(The Social Experiment)の『Surf』や、カニエ・ウェスト(Kanye West)監修となった盟友セオフィラス・ロンドン(Theophilus London)の『Vibes』、西海岸の新鋭R&Bバンド=ジ・インターネット(The Internet)の『Feel Good』、Def Jamの人気若手ラッパー、ロジック(Logic)の『The Incredible Story』といった話題作やメジャー作品までそのメロウな歌声を響かせており、独自の立ち位置を築いている。

2012年には、後にビヨンセ(Beyonce)やマックスウェル(Maxwell)も手がけることになるニューヨークの才能メロー・X(MeLo-X)との共同名義で『Zulu Guru』をリリース、2014年には気鋭プロデューサー、マシーンドラム(Machiendrum)を総合プロデューサーに据えた新作『Love Apparatus』を発売し、ますます評価を高めているジェシーが、新たな作品『Bartholomew』を完成させた。

SNSで様々なアーティストとコラボしていることを明かしていたジェシーだが、全17曲となる『Bartholomew』はまさに彼のコラボレーションの結実といった内容で、ゲストに名を連ねるアーティストだけでも16組。制作陣も含めれば実に30組以上が参加している。ウィル・スミス(Will Smith)の愛娘ウィロウ(Willow)や、アイズリー・ブラザーズのアーニー・アイズリー(Ernie Isley of The Isley Brothers)の娘としても知られるアレックス・アイズリー(Alex Isley)などから、グラミー授賞シンガーのメラニー・フィオナ(Melanie Fiona)、ジ・インターネットのシド・ザ・キッド(Syd Tha Kid)、またルーク・ジェイムス(Luke James)、ブリジット・ケリー(Bridget Kelly)といったシンガーたちのほかに、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)らを抱えるTDE所属のアイゼイア・ラシャド(Isaiah Rashad)、“Wings”がiPhoneの「Shot on iPhone」CMに現在使われていることも話題のリトル・シムズ(Little Simz)、昨年の大ヒット“Uptown Funk”に“All Gold Everything”のフレーズが引用されたトリニダード・ジェイムス(Trinidad James)などのラッパーが参加。

他にも『Surf』で組んだソーシャル・エクスペリメントのダニー・トランペット(Donnie Trumpet)、シカゴの詩人ノーネーム(Noname)や、その歌声で昨年の「客演クイーン」となったデージ・ローフ(DeJ Loaf)、マライア・キャリー(Mariah Carey)やミゲル(Miguel)らのプロデュースでも知られるブルック・ドゥルー(Brook D’Leau)のグループ=J・デイヴィ(J*Davey)、ケンドリック・ラマーなどを手がけたDJダーヒ(DJ Dahi)、キッド・カディ(Kid Cudi)の右腕として知られるドット・ダ・ジーニアス(Dot da Genius)などが関わっている。メロー・Xマシーンドラムといった過去のコラボ相手も参加しているが、総勢30組以上の参加ミュージシャンの多くは友人ということで、彼がいかに他のアーティストから愛されている「ミュージシャンズ・ミュージシャン」であることがうかがえる。またこれだけのコラボをしても、彼の持ち味であるメロウネスが貫かれている

昨年には、Soulctionのアブジョー(AbJo)や、ハドソン・モホーク(Hudson Mohawke)らを迎えた3曲収録のEP『Bartholomew WAVE I』を無料公開していたジェシーだが、これに続く『Bartholomew』もまた、WeTransferを通じて無料ダウンロードできる状態で発表されている。

1. Earth Girls [prod. by DJ Dahi, Ledaris Jones, Leon Thomas III, JB3]
2. Everybody Shut Up (feat. Isaiah Rashad) [prod. by Ron Gilmore Jr., JB3]
3. Kumbaya In June [prod. by K. Roosevelt, JB3]
4. 8 Day Weeks [prod. by K. Roosevelt]
5. Into You (feat. Noname) [prod. by Michael Uzowuru]
6. I Need You [prod. by Chad Dexter]
7. Tomorrow [prod. by Earl & E, Machinedrum]
8. Mean Girls (feat. Donnie Trumpet & J*Davey) [prod. by Brook D'Leau, JB3]
9. Indie Girls (feat. Kilo Kish & Little Simz) [prod. by MeLo-X]
10. LARain (feat. Melanie Fiona & Trinidad James) [prod. by CFCF, JB3]
11. Vegetables (feat. Willow Smith & Syd [The Internet]) [prod. by Dot da Genius, JB3]
12. Eye Of The Gentle Tiger (feat. Audio Push) [prod. by K. Roosevelt]
13. Solar Sisters (feat. Alex Isley & Bridget Kelly) [prod. by Reazy Renegade, JB3]
14. Nobody On Jupiter (feat. DeJ Loaf) [prod. by xIIz]
15. LikeMinded (feat. Luke James) [prod. by Chad Dexter, JB3]
16. Only Way Out (feat. Mick Jenkins) [prod. by Davix, Chad Dexter]
17. No Worry [prod. by CFCF]

when your homie @willowsmith thinks your head is some sort of piano lol #Bartholomew3rd

JESSE BOYKINS III さん(@jesseboykins3rd)が投稿した動画 –