bmr

bmr>NEWS>ビーバーら参加のメジャー・レイザー新曲が全米チャート初登場2位に 新作にはアッシャーらも参加

NEWS

ビーバーら参加のメジャー・レイザー新曲が全米チャート初登場2位に 新作にはアッシャーらも参加

Major Lazer - Cold Water

ディプロ(Diplo)率いるメジャー・レイザー(Major Lazer)が、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)にムー(MØ)をゲストに迎えた新曲“Cold Water”を7月22日にリリースしたが、この最新シングルが早速、全米チャートで初登場2位にランクインしている。

M.I.A.、スヌープ・ライオン(Snoop Lion)、クリス・ブラウン(Chris Brown)から、ビヨンセ(Beyonce)、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)、マドンナ(Madonna)らまで手がける売れっ子プロデューサー/DJのディプロ主導のダンス~エレクトロ・レゲエ・プロジェクトとなっているメジャー・レイザー。昨年6月には、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、トラヴィス・スコット(Travi$ Scott)、プッシャー・T(Pusha T)などが参加した3作目『Peace Is The Mission』をリリースし、中でも、フランスのエレクトロ~トラップ系プロデューサーのDJスネーク(DJ Snake)と組み、デンマーク発のポップ・シンガーであるムーが歌った“Lean On”は全米チャートで最高4位、全英チャートで最高2位など世界的に大ヒット。音楽業界における国際的な業界団体であるIFPIの発表によれば、2015年のデジタル・シングルの世界セールスで年間5位となったという。

昨年はメジャー・レイザーだけでなく、スクリレックス(Skrillex)とのプロジェクト=ジャック・U(Jack Ü)も成功させ、今年のグラミー賞で最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム部門など2冠に輝き、また今年に入ってビヨンセの話題作『Lemonade』でもプロデュースを手がけるなど絶好調のディプロは、早速メジャー・レイザー新作に着手。その第一弾シングルとして、グラミー賞にも輝いたジャック・U“Where Are Ü Now”に参加したジャスティン・ビーバー、そして“Lean On”のムーを迎えた新曲“Cold Water”を先月発表した。

プロデュースにはディプロだけでなく、エド・シーラン(Ed Sheeran)の2014年ヒット“Don’t”などを手がけたベニー・ブランコ(Benny Blanco)らも加わり、ソングライティングでもエド・シーランが参加するという豪華な布陣となった“Cold Water”は、アメリカだけで発売1週間でおよそ16万9000ダウンロードを売り上げてシングル・セールス週間1位に。さらに、ストリーミング・サービスでの再生回数でもアメリカだけで1週間でおよそ1960万回再生を記録し、こちらも週間1位と大反響を巻き起こしており、全米シングル総合チャートで初登場2位を記録した。これはメジャー・レイザーにとって“Lean On”を超える過去最高の順位となる。さらに“Cold Water”は、イギリスでは初登場1位を獲得。こちらも“Lean On”を超えて過去最高の順位であり、初の全英チャート1位獲得となった。

この大ヒットでさらに期待の高まるメジャー・レイザーの新作だが、ディプロがインターネット・ラジオ「Beats 1」の番組で先日明かしたところによれば、新作にはアッシャー(Usher)、シーア(Sia)、トラヴィス・スコットらが参加予定だという。また、ティナーシェ(Tinashe)も加わる可能性があるとのこと。8月中には“Cold Water”に続くシングルがリリースされる予定で、新作については来年1月のリリースを目指していると話した。またディプロは、このメジャー・レイザー新作用に制作した楽曲をすでに他のアーティストに提供しており、ビヨンセ『Lemonade』に使用されたディプロ制作の2曲もそうだったと明かしたほか、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)やニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)の新作用にも提供したとしている。

なお、“Cold Water”に参加しているジャスティン・ビーバーは今月13日(土)と14日(日)に3年ぶり来日公演を行う予定。また、同じくムーも今月20日(土)のサマーソニック大阪、21日(日)のサマーソニック東京に出演するため来日予定で、直前の19日(金)には代官山SPACE ODDで貴重な単独公演が行われる予定。