bmr

bmr>NEWS>『Empire 成功の代償』のリー・ダニエルズが、ガールズ・グループを描く新たな音楽ドラマを製作

NEWS

『Empire 成功の代償』のリー・ダニエルズが、ガールズ・グループを描く新たな音楽ドラマを製作

Lee Daniels' STAR

現在日本でも第2シーズンが放送中の人気音楽TVドラマ『Empire 成功の代償』のエグゼクティヴ・プロデューサーであるリー・ダニエルズが、3人組のR&Bガールズ・グループを描く新たな音楽ドラマ『STAR』を製作中だ。

『プレシャス』、『大統領の執事の涙』の製作・監督を務めたリー・ダニエルズ指揮による『Empire 成功の代償』は、ゲットーからラップで成り上がり、米音楽業界の実力者となったルシウス・ライオンと彼率いるエンパイア社を中心に、野心、陰謀、家族愛から、ヒップホップ界に根強い同性愛への偏見など、音楽業界の表と裏をリアルに描いた話題作。世界的ヒットメイカーのティンバランド(Timbaland)が音楽面でプロデュースし、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)らが本人役でゲスト出演したほか、ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)やメアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)ら人気スターも登場し、昨年始まった第1シーズンは、最終回まで連続で視聴率アップという史上初の快挙を成し遂げる大ヒットに。さらにサウンドトラックも、マドンナ(Madonna)の新作を破って全米チャート初登場1位を獲得、TVドラマのサントラとしては『glee/グリー』以来のヒットになり、グラミー候補にもなった。また、テレンス・ハワードと共に主演を務めるタラジ・P・ヘンソンはゴールデングローブ賞の最優秀女優賞(TVドラマ部門)に輝くなど、華々しい話題を振りまく人気ドラマだ。

第2シーズンではアリシア・キーズ(Alicia Keys)、ニーヨ(Ne-Yo)らも出演しさらにパワーアップした『Empire 成功の代償』は、本国アメリカでは今月、第2シーズンを終えたが、すでに今年9月から第3シーズンの放送が決定。だが一方で、リー・ダニエルズは『Empire 成功の代償』に続く新たな音楽ドラマを準備している。

『STAR』と題されたこのTVドラマは、アトランタを舞台に3人組のR&Bガールズ・グループを描く内容になっているという。タイトルは主人公の女性スターの名前で、スプリームス(The Supremes)をモデルにした『ドリームガールズ』のように、ガールズ・グループの成功やメンバー間の格差、亀裂などが描かれるようだが、シンガー3人組ということでデスティニーズ・チャイルド(Destinty’s Child)、またアトランタの3人組ということでTLCなどもモデルにしたドラマになると見られる。スターら3人組は新人が演じており、他にクイーン・ラティファ(Queen Latifah)が出演。また、『Empire 成功の代償』や『大統領の執事の涙』にも出演していたレニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)の出演も決まっており、公開されたティーザー映像でその姿を見せている。

『Empire 成功の代償』と同様にFOXでの放送が決まっている『STAR』だが、放送時期については「2016年~2017年の時期」とまだはっきりしていない。もっとも公式Twitterなどでは「2017年」とされているため、来年まで待つ形となりそうだ。また、『STAR』でもオリジナルの音楽をフィーチャーするとのことで、『Empire 成功の代償』のようなヒットが期待されるところ。