bmr

bmr>NEWS>グッチ・メインがついに釈放、マイク・ウィル作の新曲もリリース

NEWS

グッチ・メインがついに釈放、マイク・ウィル作の新曲もリリース

Gucci Mane (from his instagram)

2013年9月から服役していた米アトランタの人気ラッパー、グッチ・メイン(Gucci Mane)が、当初の予定より早く釈放されたことが明らかになった。

頻繁に出所と服役を繰り返すなどトラブルの絶えないグッチ・メインだが、2013年9月に、既決重罪犯(すでに重罪の判決が出ている者)による銃火器の所持、武器を隠して携帯していたこと(※銃を見えないように携帯することは州によって違法となる)、大麻所持など複数の罪状により逮捕された。既決重罪犯による銃火器の所持の罪に関しては最大で10年の刑が下る可能性があったが、2014年に司法取引を行った結果、刑期は2016年までとなり、36歳の誕生日を迎えた今年2月に、今年9月30日に自由の身になることが明らかになっていた。

収監中も、ミックステープを中心に大量にリリースを続け、2014年、2015年ともに10作以上を発表するなど存在感を示していたグッチ・メインだが、当初の予定日から4ヶ月ほど早く釈放されたことが分かった。グッチ・メインは現地時間で先週26日(木)の朝に出所。数ヶ月間は自宅謹慎となり、その後も保護観察付きとなるという。収監中に50パウンド、およそ22kgも体重が落ちたとのことで、解放された2日後にはスリムになった自身の姿を公開。同じアトランタのヤング・サグ(Young Thug)などのアーティストらも「おかえり」と歓迎のコメントを投稿している。

またグッチ・メインは、ファンへの感謝を語る動画に加え、ビヨンセ(Beyonce)やマイリー・サイラス(Miley Cyrus)らも手がけるヒットメーカーのマイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)がプロデュースした新曲“First Day Out Tha Feds”も公開。1日でsoundcloudの再生回数が100万回を超えるなど、彼のカムバックへの注目度の高さをうかがわせる。自身のレーベル 1017 Recordsにひっかけて27日(金)の午前10時17分にこの新曲を発表したグッチ・メインは、午後10時17分に同名のミックステープ『First Day Out Tha Feds』をリリースするとしていたが、現時点ではミックステープはまだ発表されておらず、しばらく待つこととなりそうだ。

なおグッチ・メインの弁護士がXXLに対し明かしたところによると、2016年9月30日までの刑期には、判決が出るまで拘留されていた期間が考慮されていなかったため、弁護側の働きかけにより、出所を早めることができたという。また、レコーディングについてはすぐに行うことが可能とのことで、カムバックまで時間はあまりかからなそうだ。旅行については、現状でも一定の条件の下で許可を得れば可能とのことだが、自宅謹慎が解けて以降のほうがより柔軟に対応できるようになるため、現時点では考えていないという。

Fresh as I'm iz

Gucci Maneさん(@laflare1017)が投稿した写真 –

Third day out! #WOP

Gucci Maneさん(@laflare1017)が投稿した動画 –

WelcomeHomeGuwop… Can't wait to pull up on u slime!

CESAR THE APE!!!!!!!さん(@thuggerthugger1)が投稿した写真 –