bmr

bmr>NEWS>ジェイムス・ブレイクが3年ぶり新作をリリース フランク・オーシャンら参加 [全曲フル試聴可]

NEWS

ジェイムス・ブレイクが3年ぶり新作をリリース フランク・オーシャンら参加 [全曲フル試聴可]

James Blake - The Colour In Anything

50万枚近い初動セールスを記録し全米チャート初登場1位となったビヨンセ(Beyonce)の最新作『Lemonade』への参加も話題の英人気シンガー/プロデューサー、ジェイムス・ブレイク(James Blake)が、ニュー・アルバム『The Colour In Anything』を本日リリースした。

クラシック・ピアノを学びながらモータウンのソウル・ミュージックを通してゴスペル・オルガンにも親しみ、10代最後にロンドンのクラブで出会ったグライム~ダブステップやガラージ・サウンドを組み合わせ、ダブステップ以降のエレクトロニックなシンガー・ソングライター像を打ち出したジェイムス・ブレイク。2013年4月にリリースした前作『Overgrown』がその年もっとも優れたアルバムを選ぶMerucy賞に輝き、また翌年2月にはグラミー賞で最優秀新人賞の候補にもなるなど、その評価はさらに拡大しており、最近ではビヨンセの話題作『Lemonade』にゲスト参加したことも話題となっている。

『Overgrown』に続く新作については2014年頃から語られており、昨年1月には『Radio Silence』というタイトルであることをアナウンス。カニエ・ウェスト(Kanye West)やボン・イヴェール(Bon Iver)の参加を明かしていたが、今年2月になってついに新曲“Modern Soul”が発表。先月には続いて“Timeless”をラジオ番組で公開、そして今月頭にはロンドンとブルックリンで新作のアートワークを使ったミステリアスなビルボード広告が登場し、新作が『The Colour In Anything』に改められたことが発表されたが、現地時間で5月5日(木)に出演したラジオ番組の中で、この待望のニュー・アルバムが6日にリリースされることが告知された。

本日サプライズ・リリースされた新作『The Colour In Anything』は、“Radio Silence”で幕を開ける全17曲のアルバムに。アルバムは、近年もカニエ・ウェストの2013年作『Yeezus』のエグゼクティヴ・プロデュースのほか、アデル(Adele)『25』、エド・シーラン(Ed Sheeran)『X』などにも関わり活躍を続ける大御所リック・ルービン(Rick Rubin)が共同プロデュースを手がけているという。また、“Fall Creek Boys Choir”でもコラボレーションしたボン・イヴェールが“I Need A Forest Fire”にゲスト参加しているのに加え、フランク・オーシャン(Frank Ocean)と共作した楽曲も収録されているとか。

なおジェイムス・ブレイクは、今年は7月22日(金)~24日(日)に開催される〈Fuji Rock Festival〉での来日が決定しており、22日(金)に出演する予定。新作からのパフォーマンスが期待されそうだ。

1. Radio Silence

2. Points

3. Love Me In Whatever Way

4. Timeless

5. F.O.R.E.V.E.R.

6. Put That Away And Talk To Me

7. I Hope My Life (1-800 Mix)

8. Waves Know Shores

9. My Willing Heart

10. Choose Me

11. I Need A Forest Fire (feat. Bon Iver)

12. Noise Above Our Heads

13. The Colour In Anything

14. Two Men Down

15. Modern Soul

16. Always

17. Meet You In The Maze