bmr

bmr>NEWS>18歳新人ラッパーの「パンダ」がついに全米1位に プリンスは5曲がトップ40入り

NEWS

18歳新人ラッパーの「パンダ」がついに全米1位に プリンスは5曲がトップ40入り

Desiigner - Panda

9週連続で全米チャート1位を独占していたリアーナ(Rihanna)のヒット・シングル“Work”が今週ついに陥落。変わって首位に就いたのは、18歳の新進ラッパー、デザイナー(Desiigner)の商業デビュー・シングル“Panda”となった。

今年2月にカニエ・ウェスト(Kanye West)が興したレーベル G.O.O.D. Musicと契約したことが発表されたデザイナーは、昨年末に発表し話題を呼んでいた“Panda”を同タイミングでG.O.O.D. Music/Def Jam Recordingsから正式にリリース。同曲はカニエの最新作『The Life Of Pablo』でサンプリングされ、またリル・キム(Lil Kim)、ルーペ・フィアスコ(Lupe Fiasco)、ミーク・ミル(Meek Mill)ら数々のラッパーがビートをジャックするなど話題を集め、チャートインから4週目で前週72位から33位に大ジャンプ。さらに21位、14位、5位と急速にチャートを駆け上がり、先週2位まで上昇したが、今週ついにリアーナを打ち破り、9週目でトップの座を手にした

デザイナーは5月3日に19歳となるが、18歳と11ヶ月での全米チャート1位獲得は、男性アーティストとしてはクリス・ブラウン(Chris Brown)に次ぐ記録となるとか。クリス・ブラウンは、2007年に発表した“Kiss Kiss”で1位を獲得しており、18歳と6ヶ月での1位獲得だった。全米チャートでの史上最年少での1位獲得は、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)、13歳と3ヶ月のときの“Fingertips – Pt 2”(1963年)となる。

また、人気ラッパーのドレイク(Drake)の“One Dance”が先週13位からジャンプアップして今週3位にランクイン。ナイジェリアのアフロ・ポップ・アーティスト、ウィズ・キッド(WizKid)と、英シンガーのカイラ(Kyla)がフィーチャリング・ゲストとして表記されている“One Dance”だが、カイラがクレイジー・カズンズ(Crazy Cousinz)と組んで2008年に発表した“Do You Mind”をサンプリングした曲となっている。これで自身17曲目となるトップ10ヒットを手にしたことになるが、ドレイクは新作『Views From The 6』のリリースを4月29日に控えており、すぐにさらなるヒットを生みそうだ。なおドレイクの“One Dance”は全英チャートではさらに好調子で、先週初の全英1位を獲得したのに続き、今週2週目の1位を手にしている。

さらに今週はプリンス(Prince)の急死の影響を受けて、6曲が全米チャートにランクイン。代表曲のひとつである“Purple Rain”は、今週17位に再登場しただけでなく、およそ12万2000ダウンロードを売り上げて今週もっとも売れたシングルとなった。今週の5月7日付の最新チャートの集計対象は4月15日(金)~21日(木)までであり、プリンスの訃報は集計期間の最終日となる21日(木)の朝10時頃に一部で速報が発表され、午後1時頃までにはプリンスが亡くなったことが正式に発表されたため、「プリンス・ショック」の影響は半日ほどに留まる中での記録となった。プリンスは今週の全米アルバム・チャートでも2001年発売のベスト・アルバム『The Very Best Of Prince』が1位に、1984年の名作『Purple Rain』が2位に再登場しており、『Purple Rain』収録曲では他に“When Doves Cry”が20位、“Let’s Go Crazy”が39位に再登場。全米シングル・チャートにランクインした6曲のうち5曲がトップ40入りを果たしている。

なおニールセン・サウンドスキャンの発表によると、4月15日(金)~21日(木)に、24日(日)までの死後の3日間を足した10日間でのプリンス作品の全米セールスは、アルバムが合計でおよそ65万4000枚、楽曲のダウンロードはおよそ282万ダウンロードにのぼるという。アルバムのセールスは21日(木)まででおよそ25万6000枚を売り上げたことが明らかになっているので、死後3日間だけで40万枚近くを売り上げたことに。今週アルバム・チャートで1位となった『The Very Best Of Prince』は、21日(木)まででおよそ10万枚を売り上げたが、24(日)までのセールスはおよそ25万9000枚と報告されていることから、3日間で15万枚以上のセールスを記録しており、来週の全米アルバム・チャートでも上位にランクインすることになりそうだ。

1.(↑3) Desiigner – Panda
2.(↑3) Luke Graham – 7 Years
3.(↑13) Drake feat. Wizkid & Kyla – One Dance
4.(↓1) Rihanna feat. Drake -Work
5.(↑6) Mike Posner – I Took A Pill In Ibiza
6.(↑7) Fifth Harmony feat. Ty Dolla $ign – Work From Home
7.(↓4) Meghan Trainor – NO
8.(↓5) ZAYN – Pillowtalk
9.(↓8) Justin Bieber - Love Yourself
10.(←10) G-Eazy x Bebe Rexha – Me, Myself & I

17. Prince – Purple Rain
20. Prince – When Doves Cry
28. Prince – Kiss
29. Prince – Little Red Corvette
39. Prince – Let’s Go Crazy
41. Prince – 1999