bmr

bmr>NEWS>オバマ米大統領がプリンスを追悼 「誰よりも強く、大胆で、クリエイティブ」

NEWS

オバマ米大統領がプリンスを追悼 「誰よりも強く、大胆で、クリエイティブ」

Prince

音楽界の伝説、プリンス(Prince)の突然の訃報に世界が騒然となる中、バラク・オバマ米大統領がプリンスを追悼するコメントを発表した。

オバマ大統領はFacebookに、「今日、世界はクリエイティブなアイコンを失いました。ミシェルと私も、世界中の数百万のファンと同様に、プリンスの突然の死を嘆いています。彼ほどのアーティストはほとんどいません。これほどはっきりとポピュラー・ミュージックのサウンドや道筋に影響を与え、これほど多くの人たちを感動させたアーティストは。我々の生きる時代においてもっとも才能にあふれ、多くの作品を残したひとりであり、プリンスはあらゆることをやってのけました。ファンク、R&B、ロックンロール。彼は演奏の名手であり、優れたバンド・リーダーであり、衝撃的なパフォーマーでした。『強いスピリットはルールをも超越する』とプリンスはかつて言いましたが……彼のスピリットほど強く、大胆で、クリエイティブなスピリットを持つ者は他にいません。彼の家族、バンド、そして彼を愛する全ての人たちに、お悔やみを申し上げます」と、追悼のコメントを綴っている。プリンスは昨年6月、オバマが開いた「プライベート・パーティ」に招待され、ホワイトハウスでライブ・パフォーマンスを披露していた。

プリンスことプリンス・ロジャース・ネルソンは米時間で4月21日の朝、ミネソタ州ミネアポリス近郊のチャナッセンにある自身のスタジオ[Paisley Park Studios]の中で亡くなっていたのを発見された。57歳だった。米ゴシップ・サイトのTMZなどが第一報を伝え、その後プリンスの広報が亡くなったことを認めた。ミネソタ州カーバー群の保安局の発表によると、朝9時43分頃に[Paisley Park Studios]から救急の電話があり、保安官と救急隊が到着したとき、住居部のエレベーターの中で、呼びかけに応えない男性が発見されたという。すぐに心肺蘇生を試みたものの、蘇生することなく、10時7分に死亡が確認され、遺体がプリンスであることが確認されたとのこと。死因等は明らかにされておらず、現在も死の状況について調査が続いている。プリンスは先週15日、アトランタでの公演後に乗ったプライベート・ジェットの中で体調が悪化し、イリノイ州モリーンの空港に緊急着陸、病院に搬送されており、その際に数週間前からインフルエンザにかかっており、その症状が悪化したために病院に行ったが、自宅で安静にしており問題は無いと説明されていた。

世界で2200万枚以上を売り上げたとされる1984年の『Purple Rain』を始め、数々の名作を世に生み出し、現在も第一線で活躍していたプリンスの突然の訃報には、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)やブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)、チャカ・カーン(Chaka Khan)、レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)、モリス・デイ(Morris Day)、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)、マライア・キャリー(Mariah Carey)などあらゆるアーティストが追悼のコメントを綴ったほか、地元ミネアポリスのMLBチーム=ミネアポリス・ツインズの本拠地であるターゲット・フィールドが、プリンスのイメージカラーである紫色になるなど、「パープル」で追悼する人や企業もあり、NASA(アメリカ航空宇宙局)も「今日亡くなったプリンスを讃えて」と紫色の星雲の写真を公開し、故人を偲んでいる。