bmr

bmr>NEWS>マックスウェルがカムバック、待たれる新作からリード曲「レイク・バイ・ジ・オーシャン」を発表

NEWS

マックスウェルがカムバック、待たれる新作からリード曲「レイク・バイ・ジ・オーシャン」を発表

Maxwell - Lake By The Ocean

2009年に8年ぶりの新作『BLACKsummers’night』を発表し、自身初のグラミーの栄冠を手にしたものの再び沈黙していた人気ソウル・シンガーのマックスウェル(Maxwell)がついにカムバック。待たれるニュー・アルバムからのリード・シングル“Lake By The Ocean”をリリースし、新作の発売日を発表した。

当初は「BLACKSUMER’SNIGHT」3部作として3作を連続リリースするという構想が発表されていたものの、グラミー賞の最優秀R&Bアルバムに輝いた『BLACKsummers’night』を発表して以降、断続的に情報はあったものの、たまに短いツアーや公演を行うなどを除いて、具体的な動きはなかった。しかし今年2月、Essence誌が、すでに『BLACKsummers’night』に続く新作『blackSUMMERS’night』がほぼ完成しており、ファースト・シングルが“Lake By The Ocean”という曲になることなどを報道。後日行われたニューヨークでのコンサートでは、この“Lake By The Ocean”などの新曲も披露された。

そしてデビュー・アルバム『Maxwell’s Urban Hang Suite』が発売20周年を迎えるこの4月、ついにマックスウェルが久々の新曲となる“Lake By The Ocean”を発表。リリック・ビデオと共にシングルがデジタル配信された。発売1週間ほど前からカウントダウンが行われるなど再始動への期待を高めていたマックスウェルだが、発売前日には「このカウントダウンの間に、『Urban Hang Suite』は発売20周年を迎えた。みんなが待ってくれたことに感謝してもしきれない。プライスレスだよ。明日リリースの“Lake By The Ocean”をどうか楽しんで。そして夏のツアーを楽しみにしていて。もちろん、今夏リリースのアルバムもね」とコメントしている。

マックスウェルの7年ぶりとなるニュー・アルバム『blackSUMMERS’night』は7月1日発売予定。同日には、ニューオーリンズで開催されるブラック・ミュージック世界最大級の祭典〈Essence Fest〉への出演も決定している。