bmr

bmr>NEWS>ビッグ・ショーンとジェネイ・アイコが新ユニットを結成しデビューEPを発売 K-Ci&ジョジョも参加

NEWS

ビッグ・ショーンとジェネイ・アイコが新ユニットを結成しデビューEPを発売 K-Ci&ジョジョも参加

TWENTY88 (Big Sean and Jhené Aiko) - TWENTY88

人気ラッパーのビッグ・ショーン(Big Sean)と、日系女性R&Bシンガーのジェネイ・アイコ(Jhené Aiko)が、トゥエンティ・エイティエイト(TWENTY88)というユニットを結成し、デビューEP『TWENTY88』を4月1日にサプライズ・リリースした。

先日28歳の誕生日を迎えたばかりのビッグ・ショーンとジェネイ・アイコは、共に1988年3月生まれ。また両者ともDef Jam Recordings契約アーティストであり、ジェネイ・アイコが所属するARTium Recordingsは、ベテラン・プロデューサーのノーI.D.(No I.D.)がDef Jam傘下に立ち上げたレーベルだが、ノーI.D.はビッグ・ショーンの楽曲も数々プロデュースするなど共通項も多く、今回のコラボレーションにつながったようだ。

ビッグ・ショーンとジェネイ・アイコがユニットを結成するとTwitterで発表したのはわずか5日前の3月27日だが、早くも4月1日にデビューEP『TWENTY88』を発表。iTunes Storeでの発売が始まった。ストリーミングは、ジェイ・Z(Jay Z)主導で昨年3月に再ローンチした定額制音楽ストリーミング・サービスのTIDALが4日間独占先行となり、Apple Musicなど他のストリーミング・サービスにはその後配信されるとのこと。全8曲となるEPには、ビヨンセ(Beyonce)“Drunk In Love”などのプロデュースで知られるディーテイル(Detail)を始め、キー・ウェイン(Key Wane)、トミー・ブラウン(Tommy Brown)らが参加。“2 Minute Warning”ではK-Ci&ジョジョ(K-Ci & Jojo)をゲスト・アーティストとして迎えており、現行トラップ・サウンドに90年代R&Bの要素を混ぜたような作品となっている。プレスリリースでは、官能的な汗をかく「ロボ・R&B」というコンセプトがあるという。

米Billboard誌の取材でK-Ci&ジョジョが答えたところによると、彼らの参加は数ヶ月前にビッグ・ショーン側からオファーがあって決まったのだという。ただしK-Ciは、「マネージャーから『ビッグ・ショーンが1曲歌ってほしいと言ってる』と連絡が来たから、『もちろんだ。ビッグ・ショーンだろ。問題ない』と答えたよ」と即答したそうだが、ジョジョのほうは、ビッグ・ショーンを知らなかったそうで、「俺は『ビッグ・ショーン? いいけど、それ誰?』って。娘たちに訊いたら、大好きだって言われたよ」とコメント。ジョジョはジェネイ・アイコについても、「名前は聞いたことあったけど、音源を聴いたことがなかった。娘たちに会うように言われたよ。彼女はその夜スタジオには来なかったから会ってないんだけど。でも音源を聴いたら素晴らしかったね」と語っている。また、オファーが来た際、LA在住のジョジョに対し、ノースカロライナに住んでいるK-CiはちょうどLAから飛行機に乗って帰ろうとしているところだったものの、吹雪によりフライトがキャンセルになったため2人揃ってのレコーディングが実現したのだとか。

ビッグ・ショーンとジェネイ・アイコは、この『TWENTY88』のリリースに合わせてTV番組に出演し、マット・ゾー(Matt Zo)の“Time On Your Side”をサンプリングした“Selfish”のライブ・パフォーマンスを披露している。

なおジェネイ・アイコは、キッド・カディ(Kid Cudi)作品のプロデューサーとしても知られるドット・ダ・ジーニアス(Dot Da Genius)との交際が以前から噂されていたが、先月16日のジェネイ・アイコの誕生日に、ドット・ダ・ジーニアスが「誕生日おめでとう。俺の美しい妻に」とのコメント付で結婚式の写真を公開し、すでに結婚していたことが明らかになったばかり。

 

 

1. Déjà Vu
2. Selfish
3. On The Way
4. Push It
5. 2 Minute Warning (feat. K-Ci & JoJo & Detail)
6. Talk Show
7. Memories Faded
8. London Bridge