bmr

bmr>NEWS>オリジナル・メンバー5人揃っては15年ぶり ベテランR&Bグループのシルクが新作を完成

NEWS

オリジナル・メンバー5人揃っては15年ぶり ベテランR&Bグループのシルクが新作を完成

Silk - Quiet Storm

キース・スウェット(Keith Sweat)によって発掘したことで知られ、全米チャート1位に輝いた“Freak Me”を始め、90年代に数々のヒットを放ったベテランR&Bグループのシルク(Silk)が、オリジナル・メンバー5人全員揃ってのリリースとしてはおよそ15年ぶりとなるニュー・アルバム『Quiet Storm』を間もなくリリースする。

キース・スウェットに認められ、彼のKeia Recordsと契約し、5人組R&Bグループとして1992年にKeia/Electra Recordsからデビューしたシルクは、キース・スウェットが全面バックアップしたデビュー・アルバム『Lose Control』からのリード・シングル“Freak Me”が全米総合チャートで1位となる大ヒットとなり、アルバムも出荷枚数100万枚を超えるなど一躍人気グループに。その後もゴスペルをベースにした強力なボーカル/コーラス・ワークでR&Bファンを魅了してきたものの、2002年にリード・シンガーのリル・G(Gary “Lil G” Jenkins)が脱退。だが以降も、4人組として2003年に『Silktime』、2006年にカバー集『Always & Forever』と発表するなど活動を続けてきた。

しかし、2006年にアトランタで開催されたキース・スウェットのコンサート〈Sweat Hotel Live〉でリル・Gも久々に合流してのパフォーマンスを披露したことがきっかけで、5人組として再始動したシルク。2012年には自主レーベルからシングル“Imagine”を発表するなどしていたが、2014年に〈BET Awards〉における「90s Throwbacks」コーナーでトゥループ(Troop)、カラー・ミー・バッド(Color Me Badd)らと共に出演し、トリとして“Freak Me”を披露したことで存在感を改めてアピール。同年9月に新曲“Love 4 U To Like Me”を発表した。

『Always & Forever』以来およそ9年半ぶり、5人全員が揃う形では『Love Session』以来およそ15年ぶりとなるシルクのニュー・アルバムについては、以前からレコーディングが報じられていたが、ついに完成。昨年12月に正式に“Love 4 U To Like Me”をシングル・リリースすると共に、前作の発売元であるShanachie Entertainmentからニュー・アルバム『Quiet Storm』をリリースすることをアナウンスした。

90年代R&B色をたたえるリード曲“Love 4 U To Like Me”を手がけているのは、キース・スウェットの2010年作『Ridin’ Solo』の全面プロデュースを始め、キース・スウェットの後ろ盾も得てドゥルー・ヒル(Dru Hill)が8年ぶりに発表した『InDRUpendence Day』、チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)の2010年作『Just Charlie』などベテラン・シンガーたちに愛されるワーリー・モリス(Wirlie Morris)。公開されたばかりのミッド・バラード“Only Takes One”を始め、最多の4曲で参加し、シルクの復活を支えている。さらに、LSGの名曲“My Body”を始め、過去のシルク作品などを手がけたダレル・アランビー(Darrell “Delite” Allamby)も、表題曲“Quiet Storm”など3曲をプロデュースしており、ソウルフルな喉と美麗なコーラスワークを誇った90年代のボーカル・グループの伝統に則った、「これぞR&B」と言える濃厚なサウンドが広がっている。

シルクのニュー・アルバム『Quiet Storm』は米で3月18日発売。日本盤は4月6日発売予定で、初回出荷分のみボーナス・トラック“Grown & Sexy (Party)”を収録したCD-Rを同封する。

1. Quiet Storm
2. Love 4 U To Like Me
3. Slow Grind
4. Baby Suit
5. She’s The One
6. Billionaire
7. On My Mind
8. Baby Maker
9. I Love You
10. Only Takes One
11. Grown & Sexy (Party) [*日本盤ボーナストラック]