bmr

bmr>NEWS>「ハーレム・シェイク」のバウアーがデビュー作を3月に プッシャー・T、フューチャー、M.I.A.、G-DRAGONら参加

NEWS

「ハーレム・シェイク」のバウアーがデビュー作を3月に プッシャー・T、フューチャー、M.I.A.、G-DRAGONら参加

Baauer - Aa

2013年に、曲に合わせて踊るビデオが爆発的に流行し、全米チャート初登場にして1位という快挙を成し遂げた大ヒット・シングル“Harlem Shake”で知られるバウアー(Baauer)が、ついに待望のデビュー・アルバムを3月に発売する。

1989年、米フィラデルフィア生まれながら、複数の国際的な企業で財政コンサルタントをしていたという父親の影響でドイツやロンドンなど世界各国で育ったバウアーは、DJの世界的大会〈DMC World DJ Championships〉をYouTubeで観たことでDJを始めるようになり、徐々に音楽に傾倒。ニューヨークを拠点に、様々なプロジェクトへの参加を経て、自身のミドルネームであるバウアーを名乗ってDJ/プロデューサーとして活動を始め、リミックス・ワークなどが注目されて2012年8月にイギリスの人気レーベル、LuckyMe Recordsと契約した。

だが転機となったのは、前後して2012年5月にディプロ(Diplo)が運営するMad DecentのサブレーベルにあたるJeffreesからリリースされた“Harlem Shake”。エレクトロとサウス・ヒップホップを織り交ぜたトラップ・サウンドのインスト曲であるこの“Harlem Shake”は、これに合わせて踊るダンス・ビデオが徐々に話題になっていきバイラル・ヒット。初はひとりが踊っているものの、15秒後に突然カットが代わり、その場にいる全員が狂ったように踊りだす、という構成の30秒のビデオはSNSを通じてすぐに流行となり、2013年始めには大企業や軍隊までもが「踊ってみた」ビデオを発表するなど世界的なムーブメントとなり、2013年2月には、全米チャートで初登場1位に輝いた。

2014年にはEP『ß』をリリース、ジャスト・ブレイズ(Just Blaze)やアルーナジョージ(AlunaGeorge)らとのコラボレーションも発表してきたバウアーだが、“Harlem Shake”の大ヒットから3年、ついに初のフル・アルバム『Aa』(ダブルA)が発売される。リード・シングルには、覆面を被った姿がインパクトある気鋭の女性ラッパー、レケイリー47(Leikeli47)に、XL Recordings所属の英グライム・ラッパー、ノヴェリスト(Novelist)を迎えた“Day Ones”が発表されているが、他にも多彩な顔ぶれがゲスト参加。米人気ラッパーのプッシャー・T(Pusha T)、フューチャー(Future)や、多様なバックグラウンドをアートに昇華する女性アーティストのM.I.A.、最新作『Evenifyoudontbelieve』も絶賛されたエレクトロ・プロデューサー、ラスティ(Rustie)を始め、人気カルチャー・メディアのHypebeastが先日発表した「世界の革新者100名」を選ぶ企画にも選出された韓国の人気スター、G-DRAGON(BIGBANG)、ボルティモア出身の若手女性MC、TT・ジ・アーティスト(TT The Artist)など、インターナショナルな感覚を持ったバウアーならではのアーティストが参加している。

1月末にはレケイリー47を伴って人気TV番組に出演し、“Day Ones”のパフォーマンスを披露。さらにはAlexander Wangのファッション・ショウでお披露目された、M.I.A.、G-DRAGONとの“Temple”も、正式なリリースはまだながらリーク音源やショウでのリップ音源が早くも反響を呼んでおり、バウアーのエレクトロなダンス・ミュージックが再び話題となりそうだ。バウアーのデビュー・アルバム『Aa』は3月18日発売。同日発売となる国内流通仕様盤CDにはボーナス・ディスクが封入されるとのこと。

1. Church
2. GoGo!
3. Body
4. Pinku
5. Sow
6. Day Ones (feat. Novelist & Leikeli47)
7. Good & Bad
8. Way From Me (feat. Tirzah)
9. Temple (feat. M.I.A. & G-Dragon)
10. Make It Bang (feat. TT The Artist)
11. Kung Fu (feat. Pusha T & Future)
12. Church Reprise (feat. Rustie)
13. Aa