bmr

bmr>NEWS>グラミー賞、ケンドリック・ラマーが主要部門の授賞逃すも最多5冠に

NEWS

グラミー賞、ケンドリック・ラマーが主要部門の授賞逃すも最多5冠に

Kendrick Lamar

第58回グラミー賞の授賞式が開催され、最多の11ノミネートとなる人気ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が5冠に輝いた。しかし期待された主要部門での授賞は成らなかった。

昨年3月に発売されたケンドリック・ラマーの最新作『To Pimp A Butterfly』は、全米チャートで2週連続1位になるなど大ヒットしただけでなく、様々なメディアで2015年のベスト・アルバムに選出されるなど高く評価され、中でも米Rolling Stone誌は、「音楽においても、歌詞においても、表現されている感情においても、ケンドリック・ラマーの3作目は比類なき傑作」と評した。またそのメッセージ性や活躍ぶりから、地元コンプトンから市の名誉賞「Key to Compton」を先日授与されており、オバマ米大統領も、『To Pimp A Butterfly』収録の楽曲“How Much A Dollar Cost”をお気に入りの楽曲に挙げ、ホワイトハウスに招待され直接対面するという栄誉に与ったばかり。今回のグラミー賞では、主要4部門中2部門、合計11ノミネートという最多ノミネートに。このノミネート数は、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)による計12ノミネートに次ぐ史上2番目の記録で、ラッパーとしてはエミネム(Eminem)による10ノミネートを上回って史上最多となるもので、今年の最有力候補と見られていた。

アメリカ社会における差別の問題や警察の暴力問題、また最新作『To Pimp A Butterfly』のインスピレーションの源となった南アフリカを意識したライブ・パフォーマンスも圧巻だったケンドリック・ラマーだが、『To Pimp A Butterfly』が最優秀ラップ・アルバム賞を授賞。同作に収録されているファレル(Pharrell)らプロデュースの“Alright”が最優秀ラップ・ソングと最優秀ラップ・パフォーマンスの2冠、そして同じく同作収録の“These Walls”が最優秀ラップ/歌唱コラボレーションに輝き、ラップ部門を完全に制した。これに加え、ゲスト参加したテイラー・スウィフト(Taylor Swift)“Bad Blood”が最優秀ミュージック・ビデオを授賞したことで、ケンドリックは最多の5部門で授賞となった。だが、“Alright”がノミネートされていたソング・オブ・ザ・イヤー、『To Pimp A Butterfly』がノミネートされていたアルバム・オブ・ザ・イヤーはいずれも逃す形になり、ケンドリックは主要4部門での授賞は成らなかった。

主要4部門は、ソング・オブ・ザ・イヤーはエド・シーラン(Ed Sheeran)の“Thinking Out Loud”に、アルバム・オブ・ザ・イヤーはテイラー・スウィフト『1989』が授賞し、レコード・オブ・ザ・イヤーはマーク・ロンソン(Mark Ronson)とブルーノ・マーズ(Bruno Mars)による2015年最大のヒット“Uptown Funk”、最優秀新人賞はメーガン・トレイナー(Meghan Trainor)となった。

その他、ディアンジェロ(D’Angelo)がディアンジェロ&ザ・ヴァンガード(The Vanguard)名義で発表したおよそ15年ぶりの新作『Black Messiah』が最優秀R&Bアルバム賞に、同作収録の“Really Love”が最優秀R&Bソング賞で2冠に。ザ・ウィークエンド(The Weeknd)も、最新作『Beauty Behind The Madness』が最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞、同作にも収録された“Earned It (Fifty Shades Of Grey)”が最優秀R&Bパフォーマンス賞で2冠となった。

マーク・ロンソンは、ブルーノ・マーズとの“Uptown Funk”がレコード・オブ・ザ・イヤーに輝いただけでなく、最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオまたはグループ)賞を授賞して2冠。また、同曲のデイヴ・オーデ(Dave Audé)によるリミックスも最優秀リミックス・レコーディング賞に輝いたほか、同曲のプロデュースも手がけたジェフ・バスカー(Jeff Bhasker)がプロデューサー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞している。また、ザ・ルーツ(The Roots)のクエストラブ(Questlove)は、音楽面で関わったブロードウェイ・ミュージカル『Hamilton』が最優秀劇場ミュージカル・アルバム賞に輝いており、同様に制作に関わったディアンジェロ&ザ・ヴァンガード『Black Messiah』とあわせて3部門の授賞に貢献している。

授賞式では、ケンドリック・ラマーらに加え、ザ・ウィークエンド、アデル(Adele)らがライブ・パフォーマンスを披露。また、ジョン・レジェンド(John Legend)、メーガン・トレイナーらによるライオネル・リッチー(Lionel Richie)トリビュート、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)とペンタトニックス(Pentatonix)による、先日亡くなったアース・ウィンド&ファイアー(Earth, Wind & Fire)のモーリス・ホワイト(Maurice White)追悼パフォーマンス、ミゲル(Miguel)とグレッグ・フィリンゲインズ(Greg Phillinganes)によるマイケル・ジャクソン・トリビュート、レディー・ガガ(Lady Gaga)やナイル・ロジャース(Nile Rodgers)らによるデヴィッド・ボウイ(David Bowie)追悼ステージなどが行われた。ライブ・パフォーマンスでの出演が予定されていたリアーナ(Rihanna)は、リハーサルまで行ったものの、気管支炎によりドクターストップがかかり、直前で出演を断念した。最新作『ANTI』より“Kiss It Better”を披露する予定だったとされている。

この第58回グラミー賞の授賞式は、16日(火)夜10時よりWOWOWで再放送される。

Record Of The Year:
Uptown Funk” – Mark Ronson feat. Bruno Mars
Really Love” – D’Angelo & The Vanguard
Thinking Out Loud” – Ed Sheeran
“Blank Space” – Taylor Swift
Can’t Feel My Face” – The Weeknd

Album Of The Year:
『1989』 – Taylor Swift
『Sound & Color』 – Alabama Shakes
『To Pimp A Butterfly』 – Kendrick Lamar
『Traveller』 – Chris Stapleton
『Beauty Behind The Madness』 – The Weeknd

Song Of The Year:
Thinking Out Loud” – Ed Sheeran
Alright” – Kendrick Lamar
“Blank Space” – Taylor Swift
“Girl Crush” – Little Big Town
See You Again” – Wiz Khalifa feat. Charlie Puth

Best New Artist:
Meghan Trainor
Courtney Barnett
James Bay
Sam Hunt
Tori Kelly

Best R&B Performance:
Earned It (Fifty Shades Of Grey)” – The Weeknd
If I Don’t Have You” – Tamar Braxton
Rise Up” – Andra Day
Breathing Underwater” – Hiatus Kaiyote
Planez” – Jeremih feat. J. Cole

Best Trditional R&B Performance:
Little Ghetto Boy” – Lalah Hathaway
“He Is” – Faith Evans
Let It Burn” – Jazmine Sullivan
Shame” – Tyrese
My Favorite Part Of You” – Charlie Wilson

Best R&B Song:
Really Love” – D’Angelo & The Vanguard
Coffee” – Miguel
Earned It (Fifty Shades Of Grey)” – The Weeknd
Let It Burn” – Jazmine Sullivan
Shame” – Tyrese

Best Urban Contemporary Album:
『Beauty Behind The Madness』 – The Weeknd
『Ego Death』 – The Internet
『You Should Be Here』 – Kehlani
『Blood』 – Lianne La Havas
『Wildheart』 – Miguel

Best R&B Album:
『Black Messiah』 – D’Angelo And The Vanguard
『Coming Home』 – Leon Bridges
『Cheers To The Fall』 – Andra Day
『Reality Show』 – Jazmine Sullivan
『Forever Charlie』 – Charlie Wilson

Best Rap Performance:
Alright” – Kendrick Lamar
Apparently” – J. Cole
“Back To Back” – Drake
Trap Queen” – Fetty Wap
Truffle Butter” – Nicki Minaj feat. Drake & Lil Wayne
All Day” – Kanye West feat. Theophilus London, Allan Kingdom & Paul McCartney

Best Rap/Sung Collaboration:
These Walls” – Kendrick Lamar feat. Bilal, Anna Wise & Thundercat
One Man Can Change The World” – Big Sean feat. Kanye West & John Legend
Glory” – Common & John Legend
Classic Man” – Jidenna feat. Roman GianArthur
Only” – Nicki Minaj feat. Drake, Lil Wayne & Chris Brown

Best Rap Song:
Alright” – Kendrick Lamar
All Day” – Kanye West feat. Theophilus London, Allan Kingdom & Paul McCartney
“Energy” – Drake
Glory” – Common & John Legend
Trap Queen” – Fetty Wap

Best Rap Album:
『To Pimp A Butterfly』 – Kendrick Lamar
『2014 Forest Hills Drive』 – J. Cole
『Compton』 – Dr. Dre
『If You’re Reading This It’s Too Late』 – Drake
『The Pinkprint』 – Nicki Minaj

Best Gospel Album:
『Covered: Alive Is Asia [Live] (Deluxe)』 – Israel & Newbreed
『Destined To Win (Live)』 – Karen Clark Sheard
『Living It』 – Dorinda Clark-Cole
『One Place Live』 – Tasha Cobbs
『Life Music: Stage Two』 – Jonathan McReynolds

Best Gospel Performance/Song:
Wanna Be Happy?” – Kirk Franklin
“Worth [Live]” – Anthony Brown & Group Therapy
“Intentional” – Travis Greene
“How Awesome Is Our God [Live]” – Israel & Newbreed feat. Yolanda Adams
“Worth Fighting For [Live]” – Brian Courtney Wilson

Best Pop Solo Performance:
Thinking Out Loud” – Ed Sheeran
“Heartbeat Song” – Kelly Clarkson
Love Me Like You Do” – Ellie Goulding
“Blank Space” – Taylor Swift
Can’t Feel My Face” – The Weeknd

Best Pop Duo/Group Performance:
Uptown Funk” – Mark Ronson feat. Bruno Mars
“Ship To Wreck” – Florence + The Machine
Sugar” – Maroon 5
Bad Blood” – Taylor Swift feat. Kendrick Lamar
See You Again” – Wiz Khalifa feat. Charlie Puth

Best Pop Vocal Album:
『1989』 – Taylor Swift
『Piece By Piece』 – Kelly Clarkson
『How Big, How Blue, How Beautiful』 – Florence + The Machine
『Uptown Special』 – Mark Ronson
『Before This World』 – James Taylor

Best Dance Recording:
Where Are Ü Now” – Skrillex & Diplo with Justin Bieber
“We’re All We Need” – Above & Beyond feat. Zoë Johnston
Go” – The Chemical Brothers
Never Catch Me” – Flying Lotus feat. Kendrick Lamar
“Runaway (U & I)” – Galantis

Best Dance /Electronic Album:
『Skrillex & Diplo Present Jack Ü』 – Skrillex & Diplo
『Our Love』 – Caribou
『Born In The Echoes』 – The Chemical Brothers
『Caracal』 – Disclosure
『In Colour』 – Jamie XX

Jazz Instrumental Album:
『Past Present』 – John Scofield
『My Favorite Things』 – Joey Alexander
『Breathless』 – Terence Blanchard feat. The E-Collective
『Covered: Recorded Live at Capitol Studios』 – Robert Glasper & The Robert Glasper Trio
『Beautiful Life』 – Jimmy Greene

Best Alternative Music Album:
『Sound & Color』 – Alabama Shakes
『Vulnicura』 – Björk
『The Waterfall』 – My Morning Jacket
『Currents』 – Tame Impala
『Star Wars』 – Wilco

Best Musical Theater Album:
『Hamilton』
『An American In Paris』
『Fun Home』
『The King And I』
『Something Rotten!』

Best Compilation Soundtrack for Visual Media:
『Glen Campbell: I’ll Be Me』
『Empire: Season 1』
『Fifty Shades Of Grey』
『Pitch Perfect 2』
『Selma』

Best Song Written for Visual Media:
Glory” – Common & John Legend
Earned It (Fifty Shades Of Grey)” – The Weeknd
Love Me Like You Do” – Ellie Goulding
See You Again” – Wiz Khalifa feat. Charlie Puth
Til It Happens To You” – Lady Gaga

Best Music Video:
Bad Blood” – Taylor Swift feat. Kendrick Lamar
L$D” – A$AP Rocky
“I Feel Love (Every Million Miles)” – The Dead Weather
Alright” – Kendrick Lamar
Freedom” – Pharrell Williams

Best Music Film:
『Amy』 – Amy Winehouse
『Sonic Highways』 – Foo Fighters
『Mr. Dynamite: The Rise of James Brown』 – James Brown
『What Happened, Miss Simone』 – Nina Simone
『The Wall』 – Roger Waters

Producer of the Year, Non-Classical:
Jeff Bhasker
Dave Cobb
Diplo
Larry Klein
Blake Mills

>> 全部門の結果はグラミー賞公式サイト