bmr

bmr>NEWS>ケンドリック・ラマーやチャンスも参加、BJ・ザ・シカゴ・キッドの注目デビュー作が今月発売 来日も決定

NEWS

ケンドリック・ラマーやチャンスも参加、BJ・ザ・シカゴ・キッドの注目デビュー作が今月発売 来日も決定

BJ The Chicago Kid - In My Mind

カリスマ・プロデューサーのドクター・ドレー(Dr. Dre)最新作『Compton』を始め、数々の人気アーティストからのゲスト・オファーが絶えない新進ソウル・シンガーのBJ・ザ・シカゴ・キッド(BJ The Chicago Kid)が、待望のメジャー・デビュー・アルバム『In My Mind』を今月リリースする。

本名ブライアン・ジェームス・スレッジ(Bryan James Sledge)というBJ・ザ・シカゴ・キッドは、その名のとおりシカゴ出身。聖歌隊のディレクターの両親のもとに生まれた彼は、ジョー(Joe)やタイリース(Tyrese)らの楽曲を手がけ、ゴスペル歌手としても活躍する兄アーロン・スレッジ(Aaron Sledge)と共に教会で歌うことを学ぶ。ゴスペルだけでなく、父の影響でマーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)やルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)から、ベイビーフェイス(Babyface)、ディアンジェロ(D’Angelo)などのソウル~R&Bを聴いて育ち、10代のうちから才能を開花。2002年には同じくシカゴのデイヴ・ホリスター(Dave Hollister)の『Things In The Game Done Changed Up』収録の“For You”に参加した。

その後ロサンジェルスに活動拠点を移し本格的に音楽活動をスタートさせたBJは、メアリー・メアリー(Mary Mary)などのバックコーラスを経て、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の2005年作『A Time To Love』にコーラスとして参加する機会を得る。徐々に彼の歌声が話題となり、翌年には、カニエ・ウェスト(Kanye West)が映画『ミッション:インポッシブル3』の主題歌として制作した“Impossible”にフィーチャーされた。その後、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の初のEPを始めとして西海岸のラッパー勢と共演を重ねていくことで注目されるようになり、2012年にデビュー作『Pineapple Now & Laters』を発表。西海岸ヒップホップの空気をたっぷりと吸いながらも、60年代~70年代のソウル・ミュージックやゴスペルを核とした音楽性と歌声は高く評価され、Complexが選ぶ2012年のベスト・アルバム50作のひとつに選出された。さらにこのアルバムがきっかけとなって、同年8月には名門Motown Recordsとのメジャー契約を獲得する。

特に近年は、ドクター・ドレー『Compton』、先日ドレーのAftermath入りが発表されたアンダーソン・パーク(Anderson .Paak)『Malibu』(→ 全曲フル試聴)や、ジル・スコット(Jill Scott)『Woman』、チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)『Acid Rap』、ダニー・トランペット&ソーシャル・エクスペリメント(Donnie Trumpet & The Social Experiment)『Surf』、スクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)『Studio』、ジョーイ・バッドアス(Joey BadA$$)『B4.DA.$$』など話題作には必ず名前を見るといった人気ぶりを示し、存在感を増していたBJだが、遂にメジャー・デビューを飾る待望のアルバム『In My Mind』が完成した。

すでに“Church”や、“The Resume”などが先行シングルとして昨年発表済みだが、これらに参加したチャンス・ザ・ラッパービッグ・K.R.I.T.(Big K.R.I.T.)を始め、アルバムにはケンドリック・ラマーなど過去に共演済みの仲間がゲスト参加。ヒップホップを経過したソウル表現にはディアンジェロと比較する声も多く、実際に彼はディアンジェロの楽曲もカバーしているが、ディアンジェロ同様にマーヴィン・ゲイなど60年代~70年代ソウル・ミュージックにも深く傾倒しており、先日発表された“Turnin’ Me Up”のミュージック・ビデオは、マーヴィン・ゲイが名曲“I Want You”のセッションでソファに横たわりながら歌っていたことを想起させるような映像に。ソウル~R&B~ヒップホップをつなぐ新世代のシンガーとして熱い注目を集めている。

このBJ・ザ・シカゴ・キッドのメジャー・デビュー作『In My Mind』は2月19日発売。なお、6月には初来日公演も決定し、6月11日(土)にビルボードライブ大阪、13日(月)にビルボードライブ東京で開催される予定。

 

1. Intro (Inside My Mind)
2. Man Down (feat. Buddy & Constantine)
3. Church (feat. Chance The Rapper & Buddy)
4. Love Inside (feat. Isabella)
5. The Resume (feat. Big K.R.I.T.)
6. Shine
7. Wait Til The Morning (feat. Isa)
8. Heart Crush
9. Jeremiah / World Needs More Love (feat. Eric Ingram)
10. The New Cupid (feat. Kendrick Lamar)
11. Woman’s World
12. Crazy
13. Home
14. Falling On My Face
15. Turnin’ Me Up

■ 大阪公演
日程:2016年6月11日(土)
会場:ビルボードライブ大阪
1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ開場 18:30 開演19:30
価格:サービスエリア 8.900円/カジュアルエリア 7.900円

■ 東京公演
日程:2016年6月13日(月)
会場:ビルボードライブ東京
1stステージ 開場17:30 開演19:00 / 2ndステージ開場 20:45 開演21:30
価格:サービスエリア 8,800円/カジュアルエリア 7,300円