bmr

bmr>NEWS>リアーナ新作は今週リリース?! ドレイクとの新曲「ワーク」が発売

NEWS

リアーナ新作は今週リリース?! ドレイクとの新曲「ワーク」が発売

Rihanna - Work

3年以上ぶりとなるニュー・アルバム『ANTI』の情報が待たれる中、リアーナ(Rihanna)が、人気ラッパーのドレイク(Drake)をゲストに迎えた新曲“Work”を発表した。

昨年10月に、「反対する」、「反○○」、「アンチ○○」といった意味の『ANTI』(読みはアンタイ)がタイトルになると発表し、イスラエル出身の画家/彫刻家のロイ・ナカム(Roy Nachum)とのコラボレーションによるアートワークもお披露目、Instagramでは「カミングスーン」と告知しており、年内の発売が期待されていたリアーナの新作だが、発売日が明かされないまま結局2016年に持ち越し。リアーナにヒット曲“Diamonds”を提供したことのあるシンガー・ソングライターのシーア(Sia)は、先月公開されたインタビュー記事の中で、リアーナがまだアルバムを制作中であることを明かしていたが、米時間で今週25日月曜、リアーナはTwitterで、ドルチェ&ガッバーナの超高級ヘッドフォン(8895ドル、およそ105万円)をつけた写真と共に「『ANTI』を聴いてるよ」とコメントし、ついに完成したものと見られている。

そして27日、ついにニュー・シングル“Work”を発売。かつて恋仲の噂もあったドレイクとのこの新曲については、今月上旬にミュージック・ビデオ撮影のためのエキストラ募集の要項が明かされ、存在が明らかになっていたもの。フロリダ州オーランドのラジオ局が27日にオンエアするとツイートしていたこともあってリリースは確定的だったが、27日、ジェイ・Z(Jay Z)ら主導による体制で昨春から新スタートを切った定額制ストリーミング・サービスで、リアーナも共同オーナーのひとりに名を連ねているTIDALにて先行公開され、その後iTunesでも発売がスタートした。ラジオでもオンエアが始まっており、以前にドレイクと組んだ2010年のヒット“What’s My Name”のように、ダンスホール色もある、キャッチーでラジオ・フレンドリーな新曲になっている。

待たれる『ANTI』の発売日はいまだ明かされていないが、リアーナは2500万ドルとも報じられる巨額の契約金でSamsungとパートナーを組んでおり、Samsungがスポンサーに付く形で来月26日から8月にかけて世界ツアー〈Anti World Tour〉を行うことがすでに発表されていることから、ツアー前に発売されるものと見られている。米Billboard誌が関係者筋の情報として報じたところでは、今週サプライズ・リリースされる予定で、明日28日に発売される可能性もあるという。Billboardによれば、当初は昨年の5月~6月頃のリリースを予定していたものの制作が遅れ、アデル(Adele)のモンスター・ヒット『25』の影響で、2016年1月にまで発売が延期されたとしている。“Work”発表前に報じられたこのBillboardの記事には、ドレイクとの“Work”が27日に先行リリースされるという正しい情報も記されてあり、信憑性はありそうだ。

なお今月頭には、iTunesの登録画面と見られる画像がインターネット上に出回り、2月12日の発売日と共に『ANTI』のトラックリストの画像が話題に。しかしこのトラックリストでは、ドレイク参加曲が“1988”とタイトルが違っている上に、曲の長さも4分と、実際の“Work”と異なる。さらに発売元もリアーナがRoc Nationとの提携で立ち上げた自主レーベル Westbury Road Entertainmentになっておらず、フェイクである可能性が高そうだ。

Work (feat. Drake)
リアーナ
ポップ, ミュージック
¥250