bmr

bmr>NEWS>Pioneer DJがハイレゾ音源対応のDJプレーヤーとDJミキサーを2月に発売

NEWS

Pioneer DJがハイレゾ音源対応のDJプレーヤーとDJミキサーを2月に発売

CDJ-2000NXS2

Pioneer CDJのフラッグシップ・モデルがリニューアルされ、「CDJ-2000NXS2」として発売されることが発表された。ハイレゾ音源再生に対応するなど音質や品質、機能を大幅にアップグレードしたものになる。

Pioneer DJ株式会社は、プロ DJ/クラブ向けマルチプレーヤー「CDJ-2000NXS2」と、DJミキサー「DJM-900NXS2」の2つの新商品を発表。「CDJ-2000NXS2」は今回、MP3、AAC、WAV、AIFFに加えて新たにFLAC、Apple Losslessに対応し、96kHz/24bitのハイレゾ音源再生が可能に。また、タッチディスプレイが採用され、スピーディーな選曲と瞬時な楽曲展開の把握ができるようになったほか、任意の位置から瞬時に再生する「HOT CUE」の設定が最大8つまでに拡張。また、大型パッド搭載の追加型DJコントローラー「DDJ-SP1」にパフォーマンス機能を割り当て、拡張コントローラーとして使用するといった使い方もできるようになった。

DJミキサーの「DJM-900NXS2」も、96kHz/24bitハイレゾ音源再生からVinyl再生まですべての入力を新たに設計し、それぞれの音質を向上。これまで以上に解像度が高くワイドレンジで密度の高い生々しい音を実現させた。また、エフェクト効果を細かく調整できる「PARAMETER」ノブが追加され、周波数帯域を選択できる「FX FREQUENCY」でボーカルだけにエコーをかける、ハイハットのリズムを倍にするなどエフェクトをかけるなど、これまで以上に自由度の高い演奏が可能に。他にも外部エフェクトを追加できるセンドリターンセクションの独立、PC/Macの2台同時接続に対応する高品位USBサウンドカードの搭載など、多彩なDJパフォーマンスの実現に応えるアップグレードが為されている。

両機種とも2月上旬の発売を予定しているとのこと。なお同社からは、DJ向けに楽曲ファイルの準備や管理をより効率的かつ直感的に行う事ができる無料のDJソフトウェア「rekordbox」が提供されているが、高音質と快適な操作性によるDJ機能を追加した「rekordbox dj」も好評を博している。