bmr

bmr>NEWS>R.ケリー、2年ぶり新作は初めてトップ10圏外に R&Bチャートでは初登場1位 [全曲フル試聴可]

NEWS

R.ケリー、2年ぶり新作は初めてトップ10圏外に R&Bチャートでは初登場1位 [全曲フル試聴可]

R. Kelly - The Buffet (standard)

20年以上もシーンの第一線で活躍し続け、2010年にはこの25年間でもっとも成功したR&B/ヒップホップ・アーティストと認定されたR&B界の帝王、R.ケリー(R. Kelly)の最新作『The Buffet』が、米R&B/Hip-Hop Albumsチャートで久々に1位を獲得した。

R.ケリーが12月11日に発売したおよそ2年ぶりのニュー・アルバム『The Buffet』は、自身のいろんなスタイルをビュッフェのように聞かせるという試みの作品。得意のセクシャル路線や、ステッパーズやドゥワップ調などに加え、しばらく疎遠だった長女ジョアン・ケリー(Joann Kelly)がアリレイエ(Ariirayé)名義で参加した“Wanna Be There”では親子の関係について歌っている。

リル・ウェイン(Lil Wayne)、フューチャー(Future)、ジューシィ・J(Juicy J)、タイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)、ティナーシェ(Tinashe)、ジェネイ・アイコ(Jhené Aiko)、ジェレマイ(Jeremih)といった人気アーティストも数々参加した新作『The Buffet』だが、発売1週目のセールスはおよそ3万6000枚に。前作『Black Panties』の初週およそ13万3000枚から大きく数字を落としただけでなく、2000年初頭には初週50万枚以上のヒット作を連発していたR.ケリーにとって、これは過去最低の初動記録となった。ストリーミング・サービスでの再生数や単曲ダウンロードなどのポイントを足した総合ではおよそ3万9000枚相当となり、全米アルバム総合チャートでは初登場16位に。ソロ名義となった1993年の『12 Play』以来、オリジナル・スタジオ・アルバムは常にトップ10入りしていたが、初めてトップ10圏外となった。

だが、実売数のみのチャートとなるR&B/Hip-Hop Albumsチャートでは、R.ケリーの『The Buffet』は初登場1位に。同チャートでの1位は2009年の『Untitled』以来6年ぶり、12作目となる。R.ケリーは今回のセールスについて納得がいかないようで、YouTubeでビデオ・コメントを公開。ファンやレーベルのサポートが足りないとし、「お互いをサポートし合わなくちゃ」と呼びかけている。『The Buffet』の国内盤は、“Damn Right”をボーナス・トラックとして加えた形で発売中。

R&B/Hip-Hop Albumsチャートの2位には、23歳の新進R&Bシンガー、オーガスト・アルシーナ(August Alsina)の最新作『This Things Called Life』が初登場。R.ケリーの『The Buffet』とはわずか300枚ほどの僅差だった。ストリーミング・サービスでの再生数や単曲ダウンロードなどのポイントを足した総合ではおよそ4万1000枚相当となり、アルバム総合チャートではR.ケリーを上回って初登場14位となっている。

1. The Poem

2. Poetic Sex

3. Anything Goes (feat. Ty Dolla $ign)

4. Let’s Make Some Noise (feat. Jhené Aiko)

5. Marching Band (feat. Juicy J)

6. Switch Up (feat. Lil Wayne & Jeremih)

7. Wanna Be There (feat. Ariiraye’)

8. All My Fault

9. Wake Up Everybody

10. Get Out Of Here With Me

11. Backyard Party

12. Sextime

13. Let’s Be Real Now (feat. Tinashe)

[deluxe edition]
14. I Just Wanna To Thank You (feat. WizKid)

15. Keep Searchin’

16. Sufferin’

17. I Tried

18. Barely Breathin’