bmr

bmr>NEWS>ザ・ウィークエンド、全米チャート連続トップ10入り記録で歴代4位に [update]

NEWS

ザ・ウィークエンド、全米チャート連続トップ10入り記録で歴代4位に [update]

The Weeknd

[12/22 update: リアーナが46週で歴代3位だったと後に米Billboardが訂正したため、こちらの記事も訂正いたします]

来年2月に授賞式が開催される第58回グラミー賞で7部門でノミネートを受けているエチオピア系カナダ人シンガー、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)が、米Billboardチャートの連続チャート・イン記録で歴代4位まで記録を伸ばしている。

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサウンドトラックからセカンド・シングルとして発表された“Earned It (Fifty Shades Of Grey)”が全米チャート最高3位を記録し、半年近くに渡ってトップ10に君臨、2015年の米デジタル・シングル・セールスでは上半期7位(およそ196万6000DL)にランキングしたザ・ウィークエンドは、この勢いに乗って、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)を彷彿とさせる“Can’t Feel My Face”で自身初となる全米シングル・チャート1位を獲得。続けて“The Hills”は6週連続で全米1位を記録し、今年8月に満を持してリリースされた最新作『Beauty Behind The Madness』は3週連続で全米チャート1位と大ヒットとなるなど、一躍スターの仲間入りを果たした。

来年のグラミー賞では、最新作『Beauty Behind The Madness』がアルバム・オブ・ザ・イヤー、“Can’t Feel My Face”がレコード・オブ・ザ・イヤーなど主要2部門を含む計7部門のノミネートを受けており、最多の11ノミネートとなる人気ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)に次ぐ有力候補のひとりとなっている。

最新作は15週目ながら今週も全米アルバム・チャートのトップ10に連続ランクイン中と大ヒット中だが、シングル・チャートは彼の人気ぶりがさらにうかがえる結果に。彼は今年の3月7日付チャートで“Earned It”が全米トップ10入りを果たして以降、“Can’t Feel My Face”、“The Hills”と続けてヒットが生まれたおかげで、12月19日付の先週の次点で42週間連続でザ・ウィークエンドの楽曲が必ず1曲以上トップ10に入っているという状態が続いており、マライア・キャリー(Mariah Carey)、サンタナ(Santana)と並んで歴代4位となった。そして“The Hills”が今週の12月26日付最新チャートで6位となったことでザ・ウィークエンドは43週目の連続ランクインを果たし、マライアとサンタナを抜いて単独4位となっている。

あるアーティストが、常に毎週1曲以上を全米チャートのトップ10にランクインさせる連続記録は、これまでケイティ・ペリー(Katy Perry)が2010年~2011年に成した69週連続が史上最高で、歴代2位がエイス・オブ・ベイス(Ace Of Base)による48週連続(1993年~1994年)、歴代3位がリアーナ(Rihanna)による46週連続(2010年~2011年)となっており、男性アーティストとしては歴代1位となった。ザ・ウィークエンドは、29週目の“The Hills”が前週5位から今週6位とまだ強さを見せている上に、最新シングルとなる“In The Night”が前週37位から今週19位と5週目で早くもトップ20入り。“The Hills”がトップ10から脱落しても、“In The Night”がトップ10にしばらく君臨すればまだまだ記録は伸ばせる可能性は大いにあり、リアーナの46週連続、エイス・オブ・ベイスの48週連続記録を破ることもありうる。ちなみに、グラミー・ノミネート効果もあって“Can’t Feel My Face”は今週も15位とトップ20をキープし続けており、ザ・ウィークエンドは今週、トップ20内に3曲同時ランクインさせた形となる。

なお今週の全米シングル・チャートは、世界の歌姫アデル(Adele)の“Hello”が変わらぬ強さを見せ、今週も1位を獲得。これで初登場から7週連続で1位となるが、これは歴代5番目の記録になるという。最長は初登場1位から16週連続でトップに居続けたマライア・キャリーとボーイズIIメン(Boyz II Men)のデュエット“One Sweet Day”(1995年~1996年)。マライアは、“Fantasy”でも初登場から8週連続1位で歴代4位の記録も持っており、アデルの“Hello”が追いつけるかどうか注目されるところ。またアデルは、最新作『25』が全米アルバム・チャートで3週連続の1位を獲得しており、シングルとアルバムの両チャートを独占し続けているほか、米セールスが早くも合計で500万枚を突破している。