bmr

bmr>NEWS>マイケル・ジャクソン『スリラー』の米セールスが3000万枚を突破、史上初

NEWS

マイケル・ジャクソン『スリラー』の米セールスが3000万枚を突破、史上初

Michael Jackson - Thriller

「キング・オブ・ポップ」ことマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が1982年に発表した不朽の名作にして、世界セールスは1億枚を超えると言われる『Thriller』のアメリカにおけるセールスが3000万枚を突破したことが発表された。これは史上初の記録となる。

クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)とタッグを組んで制作され、アメリカで1982年11月30日に発売された『Thriller』は、マイケル・ジャクソン6作目のアルバムで、全米チャート1位を獲得した“Beat It”と“Billie Jean”を始め全9曲中7曲がトップ10ヒットとなった、誰もが知る歴史的名作。発売から80週間ものあいだ全米チャートのトップ10に君臨し、通算で全米チャート37週間1位、前代未聞のグラミー賞12部門ノミネート・8部門授賞など数々の偉業を達成し、その世界セールスは1億枚を突破していると言われている。

『Thriller』は、発売から2年に満たない112週目で史上初の米セールス2000万枚突破を成し遂げたが、発売から33年を過ぎ、さらなる新記録を打ち立てた。RIAA(全米レコード協会)が発表したところによると、『Thriller』は「30×プラチナ・アルバム」の認定を受けたという。これはつまり、アメリカにおけるセールスが3000万枚を突破したということだ。RIAA会長/CEOは、「RIAAはこの60年近い間、音楽業界を代表してゴールド&プラチナム・アルバム・プログラム認定を続けてきましたが、ひとりのアーティストが30×プラチナという偉業に達するのは今回が初めてです。我々にとって、『Thriller』が唯一無二の地位を手にしたことを祝福できることは大変光栄なことです」などと述べ、史上初の快挙を讃えた。

また、現Epic Recordsの会長/CEOで、昨年、未発表音源を人気プロデューサーたちが手を加える形で発表された“新作”『Xscape』のエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたLA・リード(L.A. Reid)は、「マイケル・ジャクソンが過去最高、過去最大のアーティストであることは明白であります。チャート成績や売り上げだけではなく、音楽における純粋なその才能もまた、この世のものとは思えないものでした。『Thriller』は画期的であり、衝撃的な作品でした……完璧だったのです。私は、マイケルがEpic Recordsの中心にあることをこの上なく誇りに思っていますし、彼はこれからもずっと、ただひとりのキング・オブ・ポップであり続けることでしょう」と語った。

なお、マイケルとクインシー・ジョーンズは、『Thriller』の前作『Off The Wall』で初めて全面的にタッグを組むことになるが、1979年に発表されたこの傑作のドキュメンタリーを映画監督のスパイク・リーが手がけており、来年1月に開催予定のサンダンス国際映画祭でプレミア上映されると報じられている。『ドゥ・ザ・ライト・シング』、『ジャングル・フィーバー』、『マルコムX』、『25時』などで知られるスパイク・リー監督だが、過去に“They Don’t Care About Us”のミュージック・ビデオの監督を務めたことがあるほか、マイケルの87年作『Bad』の25周年記念企画においても同作の制作にまつわるドキュメンタリー『Bad 25』を監督していた。