bmr

bmr>NEWS>滴草由実がシャーデーのあの名曲をカバー、1月にはフル・バンドでのライブも

NEWS

滴草由実がシャーデーのあの名曲をカバー、1月にはフル・バンドでのライブも

滴草由実

2013年にはデビュー10周年を迎え、昨年の2枚組ベスト・アルバムや、今年7月に発売した最新作『BLUE』も好評な滴草由実が、シャーデー(Sade)が30年前に発表し、いまなお愛される名曲“The Sweetest Taboo”のカバーを発表した。

人気アニメのエンディングテーマとなった「I still believe ~ため息~」などのヒットを持つ鹿児島出身の女性シンガー、滴草由実。今年は、DJ HASEBEを始め、キーシャ・コール(Keyshia Cole)“Heaven Sent”のプロデュースでグラミー候補になったジェイソン“J-Vibe”ファーマー(Jason A. Farmer)、LAのクリエイター集団Soulection所属の気鋭の日本人プロデューサー、スターロー(starRo)らがリミックスした『Limited Remixes』をレコード限定で発売しManhattan Recordsの音楽チャートで1位を獲得、また7月に発売した最新作『BLUE』では先鋭的なサウンドにも挑戦し、有名クリエイターたちと組んだビジュアル面でも高く評価されたばかり。

その7月からは、InterFMにてレギュラー番組『アトリエ429』(毎週水曜日24:00~24:30放送)をスタートさせているが、同番組内で公開し、好評を博していたシャーデー“The Sweetest Taboo”のカバーが、自身の公式YouTubeチャンネルでリリック・ビデオの形で公開された。シャーデーが1985年に発表し、全米チャートで最高5位のヒットを記録したシングルで、レ・ヌビアン(Les Nubians)によるリメイクや、リル・キム(Lil Kim)、アンジー・ストーン(Angie Stone)らによるサンプリング、さらにはプリンス(Prince)がその名も“S.S.T.”(Sade’s Sweetest Taboo)と題した曲を発表するなど、時代を超えて愛される名曲。これを滴草は、パーカッシヴなビートと情熱的なアコースティック・ギターの音色で新たな解釈を加えてカバーしている。

そして来年1月、祝日前となる10日(日)には代官山LOOPにて久々にフル・バンドでのライブ出演が決定。『BLUE』リリース後初のライブとなるが、『BLUE』で見せた実験的なサウンドがどのようにライブで再現されるか注目される。またこの公演では、枚数限定のTHE EXCLUSIVE CD付き前売りチケットも発売されており、このチケットには未発表音源をまとめたCDが特典として付くとのこと。今回披露した“The Sweetest Taboo”のカバーも収録されるとのことなので、早めにチケットを確保したいところだ。

Yumi Shizukusa~ THE EXCLUSIVE LIVE ~
日時:2016年1月10日(日)18時開場/18時30分開演
会場:代官山LOOP(東京都渋谷区鉢山町13-12 B1)

TICKET:Peatix オンラインチケット販売 (整理番号付)
・前売券(THE EXCLUSIVE CD付き)¥5,000 ※予定枚数に達し次第終了いたします。
・前売券¥4,500
・当日券¥5,000
※入場時にドリンク代が別途必要となります。

LIVE:
滴草由実 with 弓木英梨乃(Gt) 藤澤有沙(Kb) 二家本亮介(Ba) 白根佳尚(Dr)
Opening Act: MONTBLANC