bmr

bmr>NEWS>アデル新作『25』、アメリカで前人未到の初動セールス300万枚を突破

NEWS

アデル新作『25』、アメリカで前人未到の初動セールス300万枚を突破

Adele - 25

前作『21』が米で1000万枚、世界トータルで3000万枚を超える世紀の大ヒット作となった歌姫アデル(Adele)が、新たな歴史を作った。11月20日に発売されたおよそ5年ぶりの新作『25』が、発売1週間でアメリカにおけるセールスがなんと300万枚を突破したという。

これまで、週間セールスの記録は、インシンク(*NSYNC)が2000年3月には発売した『No Strings Attached』による米初動セールス241万6000枚/週が史上最大となっており、これを破る記録はこの15年以上生まれてこなかったが、アデルがこれを大きく塗り替えた。ニールセン・サウンドスキャンの調査によると、アデルの新作『25』のアメリカにおける1週間のセールスは、300万枚を突破したとのこと。これは、今月25日(水)に発表されたもので、1週間のセールスは、発売日の20日(金)から26日(木)までの合計となるため、最終的な数字はさらに伸びることになる。Billboardの報道によれば、『25』はアメリカで360万枚を出荷しているほか、発売初日だけで米iTunesでのデジタル・ダウンロード数が90万を超えたとされている。

アデル『25』は、2015年に発売された作品で、1週間で100万枚以上を売り上げた初の作品となる。また、ニールセン・サウンドスキャンによる調査が始まった1991年から数えて、1週間で100万枚以上を売り上げたアルバムはこれまで19作のみとであり、『25』は史上20作目となる。史上初めて1週間でミリオンセラーとなったのは、故ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)の主演映画『ボディガード』のサウンドトラック(1993年)で、2010年代ではテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の『Speak Now』(2010年)、『Red』(2012年)、『1989』(2014年)と、レディー・ガガ(Lady Gaga)の『Born This Way』(2011年)、そしてアデル『25』の5作のみ。

また、アデルの新作は本国イギリスでも新記録を樹立。オアシス(Oasis)の1997年作『Be Here Now』による69万6000枚がこれまで最大の初動セールス記録だったが、アデルの『25』は1週間で73万7000枚を売り上げ、これを破ったという。もっとも、オアシス『Be Here Now』は発売日の関係から発売から3日間までが初動セールスとして計上されており、「発売日から7日間」のセールスでは81万3000枚となる。

この前代未聞のビッグ・セールスには、SpotifyやApple Musicなどの定額制ストリーミング・サービスへの配信を見送ったことが大きいと見られており、発売から3日間のセールスではCD盤の売り上げが全体の78%を占め、デジタル・セールスを圧倒したという結果も出たという。なお、インターネット・ラジオのPandraでは「ラジオ」という扱いからかストリーミング再生が始まったが、SpotifyやApple Musicなどではいまだに開始されていない。

TV出演などで新作『25』のプロモーションをさらに進めるアデルだが、来年2月から6月にかけてイギリス、欧州のツアーを開催することも先日発表されている。