bmr

bmr>NEWS>ベイビーフェイス、待望の10年ぶりオリジナル新作にエル・デバージ、アフター7が参加

NEWS

ベイビーフェイス、待望の10年ぶりオリジナル新作にエル・デバージ、アフター7が参加

Babyface - Return Of The Tender Lover

今年のグラミー賞でも最優秀R&Bアルバムに輝き、累計で11度グラミー賞を手にした名プロデューサーとして知られるベイビーフェイス(Kenneth “Babyface” Edmonds)が、いよいよ久々のソロ新作となる『Return Of The Tender Lover』を12月に発売する。

90年代を中心に、ボーイズIIメン(Boyz II Men)の“End Of The Road”、“I’ll Make Love To You”やトニ・ブラクストン“Let It Flow”、“Breathe Again”などを始め全米チャートのトップ10に入った楽曲は通算100曲以上を超え、トータル・セールスは1億枚以上という超大御所プロデューサーのベイビーフェイス。近年もトニー・ディクソン(Tony Dixon)らと共にアリアナ・グランデ(Ariana Grande)“Baby I”やビヨンセ(Beyonce)“Best Thing I Never Had”といったヒットを手がけ、アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)ら大御所のプロデュースなどプロデューサーとして再び多忙となる中、昨年はトニ・ブラクストンとのデュエット・アルバム『Love, Marriage & Divorce』で歌手としても久々に復活。今年のグラミー賞では最優秀R&Bアルバムの栄誉に輝いた。

そしていよいよ、2007年のカバー集『Playlist』以来8年ぶり、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては2005年の『Grown & Sexy』以来およそ10年以上ぶりとなるソロ作となるニュー・アルバム『Return Of The Tender Lover』が完成。すでに先行して初期のベイビーフェイスを思わせる跳ねたリズムの軽快な“We’ve Got Love”が発表されているが、発売まで残すところ1ヶ月というところでアルバムの収録曲目がついに明らかになった。ベイビーフェイスが1989年にリリースし、“Whip Appeal”や“It’s No Crime”といったトップ10ヒットを生んだセカンド・アルバム『Tender Lover』へのオマージュが込められていることもあってさらに期待の高まる新作は、全9曲を収録する。

ゲスト・アーティストには、エル・デバージ(El DeBarge)に、ベイビーフェイスの兄弟らからなるR&Bグループ、アフター7(After 7)の名前が記載されている。つい先日、ベイビーフェイスと彼の右腕ダリル・シモンズ(Darryl Simmons)がプロデュースを担当した久々の新曲“I Want You”をリリースし、“カムバック”したばかりのアフター7だが、『Return Of The Tender Lover』に収録されるのも同じタイトルとなっており、このアフター7の新曲が収録されることになるようだ。またアルバムは、トニとの『Love, Marriage & Divorce』にも参加していた盟友ダリル・シモンズや新鋭キャメロン・グラスパー(Kameron Glasper)らと制作し、生演奏を重視したサウンドとなっているとか。

ベイビーフェイスのニュー・アルバム『Return Of The Tender Lover』は12月4日発売予定。

1. We’ve Got Love
2. Fight For Love
3. Exceptional
4. Walking On Air (feat. El DeBarge)
5. I Want You (feat. After 7)
6. Love And Devotion
7. Standing Ovation
8. Something Bout You
9. Our Love