bmr

bmr>NEWS>ミディ・マフィアがバックアップするアジア系美女リアン・Vが日本デビュー

NEWS

ミディ・マフィアがバックアップするアジア系美女リアン・Vが日本デビュー

Liane V - Lessons In Love (Japan edition)

最長6秒のショートクリップを共有するSNSサービス「Vine」で一躍有名になり、現在は400万人以上のフォロワーを誇るフィリピン系女性R&B~ポップ・シンガーのリアン・V(Liane V)が、10月9日に待望の日本デビューを果たした。

米ロサンジェルスを拠点に活動するリアン・Vは、SNSなどを通じて注目を浴びたインターネット世代の新たなスター。YouTubeにアリーヤ、ホイットニー・ヒューストン、アリアナ・グランデなどのカバー動画を投稿しながら、Vineに投稿したユニークでキュートな動画の数々と、ビューティコンテンストに入賞するその美貌が話題となり、200万人を超すフォロワー数を記録するなど一躍Vineスターに。これをきっかけに2014年、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)、ブランディ(Brandy)、ファンテイジア(Fantasia)、フランク・オーシャン(Frank Ocean)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)などのプロデュースで知られるプロデューサー・デュオ=ミディ・マフィア(The MIDI Mafia)に認められ、彼らのレーベル Brand X Networksと契約する。

タイガ(Tyga)、ファーイースト・ムーヴメント(Far East Movement)などのミュージック・ビデオに出演するほか、コメンテーターや司会などの活動や自身のファッションブランドを立ち上げるなど多方面で活躍しているリアン・Vだが、ついに彼女がアルバム・デビュー。今年7月に発表していたEPを元にさらに曲を追加した『The Liane V Experience: Lessons In Love (Japan Edition)』を10月9日に発売した。

ミディ・マフィアがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めるこのデビュー作には、ザ・ゲーム(The Ganme)、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)らと共演してきた西海岸の新鋭プロブレム(Problem)や、今年デビュー曲“Nasty Freestyle”が全米チャート最高9位まで上昇、2015年の新人として最速トップ10入りを果たした話題のT-ウェイン(T-Wayne)らがゲスト参加。スロウジャムの“Prove It”では、ケンドリック・ラマーの話題の最新作『To Pimp A Butterfly』にトークボックス・モンテ名義で参加していたモンテ・ヌーブル(Monte Neuble)がメロウなトークボックスを聞かせている。また“Prove It”などでソングライティングを務めているのは、Def Jamからデビューした兄弟R&Bグループ=ブラザ(Brutha)のメンバーによるデュオ=ジェイク&パパ(Jake&Papa)で、最後のアコースティック・バラード“On My List”ではリアンとのデュエットも。

アルバムからのリード・シングルには、ウェイン・ワンダー(Wayne Wonder)の2003年の世界的ヒット“No Letting Go”を大胆に借用した“No Holding Back”が発表されているが、他にもティーナ・マリー(Teena Marie)の名曲“Square Biz”のサビを引用した“Straight Up”、最近ではフィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)がサンプリングしたことでも有名なマライア・キャリー(Mariah Carey)の名曲“Always Be My Baby”ネタの“None Of My Business”、ポーラ・ディアンダ(Paula DeAnda)が2006年に発表した同名曲のリメイクとなる“Doin’ Too Much”などを収録。

制作陣にはクリス・ブラウン(Chris Brown)の数々のヒット曲を書いたエリック・ベリンジャー(Eric Bellinger)や、ミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)やジャスティン・ビーバーなどを手がけたオーガスト・リゴ(August Rigo)、ブライアン・マクナイト(Brian McKnight)の息子アーチー・マクナイト(Brian “Archie” McKnight, Jr.)といった面々が参加しており、彼女のデビューをバックアップしている。

1. Intro (Movie)
2. No Holding Back
3. None Of My Business
4. Straight Up
5. Watchu Gon Do (feat. Problem & Mucho Deniro)
6. Doin’ Too Much (feat. T-Wayne)
7. Love Like You Dance
8. Chasing Maybes
9. Cut To the Chase
10. Prove It (feat. Monte Neuble)
11. Reasons
12. On My List (feat. Jake&Papa)