bmr

bmr>NEWS>デビュー15周年を迎えたベテランR&Bシンガーのアヴァーントが2年半ぶり新作を発売

NEWS

デビュー15周年を迎えたベテランR&Bシンガーのアヴァーントが2年半ぶり新作を発売

Avant - XIII

Separated”、“Read Your Mind”や全米チャート最高5位のヒットとなったプッシーキャット・ドールズ(Pussycat Dolls)との“Stickwitu”といったヒットで知られ、アダルトで洗練されたR&Bを聞かせることで根強い人気を誇るアヴァーント(Avant)が、およそ2年半ぶりとなるニュー・アルバム『The XIII』を発売した。

2000年に『My Thoughts』でデビューして今年で15周年を迎えるベテランR&Bシンガーのアヴァーントが、今月25日に新作をリリースした。自身8作目のアルバムということでシンプルに『The XIII』と題された新作からは、変わらずロマンティックなバラード“Special”がリード・シングルとして発表されていたが、アルバムは「リアル・ミュージック」にこだわり、長年彼を支えたファンに捧げた作品になっているという。実際に、今回は、2013年のアヴァーントの来日公演にも参加していた鍵盤奏者であり、またアリアナ・グランデ(Ariana Grande)やジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)から、クリセット・ミシェル(Chrisette Michele)、ジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)、テイマー・ブラクストン(Tamar Braxton)、ミーク・ミル(Meek Mill)、T.I.らを手がける新鋭プロデューサー、トラヴィス・セイルズ(Travis Sayles)と大半を制作しているものの、これまでと変わらぬシルキーなR&Bサウンドを聞かせている。アヴァーントは、「トラヴィスって奴とスタジオに籠もったんだ。ただ、みんなにリアル・ミュージックを聴いてほしいと思って。要は、『R&Bの現状は、俺たちが話しているような音楽をみんなに提供していない』ってこと」と話している。

また、「前作(『Face The Music』)もリアル・ミュージックとはどんなものかを表した作品だったけど、今回は基本的に“アヴァーント”にフォーカスした作品」と述べているとおり、特にゲスト・アーティストの名前はトラックリストにはない。だが、セリーナ・ジョンソン(Syleena Johnson)がバックアップしていたシカゴのR&Bグループ=レイクショア(LakeShore)のメンバーとして知られる男性シンガーのマローン(Malone)と“You Know Better”で共演しているという。マローンは現在、アヴァーントのレーベルに所属しているとか。

新作『The XIII』は、前作『Face The Music』同様に自主レーベルのMo-B Entertainmentからのリリースとなっているが、今回はEMIとのディストリビューション契約は無いようで、現時点では残念ながら日本ではデジタル発売が始まっておらず、入手しにくい状況が続きそうだ。

“Special”

“Special” (live on Tom Joyner)

1. Find A Way
2. Special
3. Apart
4. Lights Off
5. Come Get It
6. Best Friend (Part II)
7. Note
8. Both Of Us
9. I’m Not Telling
10. Mines Do
11. You Know Better
12. Take It There
13. Doesn’t Matter