bmr

bmr>NEWS>音楽の伝記映画として過去最高のヒット N.W.A.伝記映画がついに12月に日本公開決定

NEWS

音楽の伝記映画として過去最高のヒット N.W.A.伝記映画がついに12月に日本公開決定

ストレイト・アウタ・コンプトン

全米興行収入で3週連続の1位を記録、また音楽の伝記映画として過去最高の興行収入となるなど大ヒットとなった映画『Straight Outta Compton』が、日本で12月から公開されることが発表された。

この夏、北米で大ヒットとなった映画『Straight Outta Compton』は、ヒップホップ界のカリスマ・プロデューサー、ドクター・ドレー(Dr. Dre)や、俳優としての活躍でも知られるアイス・キューブ(Ice Cube)らが在籍したことで知られる米西海岸の伝説的ヒップホップ・グループ N.W.A.(Niggaz Wit Attitudes)の伝記作品。米カリフォルニア州コンプトンでイージー・E(Eazy-E)、ドクター・ドレー、アイス・キューブらを中心に結成されたN.W.A.は、1988年に発表したデビュー・アルバム『Straight Outta Compton』がアメリカで300万枚を突破する大ヒットを記録、ギャングスタ・ラップの草分け的存在として知られる。この映画は、グループの結成前夜から、AIDSの合併症で1995年にイージー・Eが亡くなるまで、短い間ながらヒップホップ史に伝説を残したN.W.A.の自伝的な作品となっており、製作プロデューサーにアイス・キューブ、ドクター・ドレーらも名を連ねたほか、アイス・キューブ役を実の息子であるオシェイ・ジャクソン・ジュニアが演じた。また公開直前には、この映画にインスパイアされてドクター・ドレーが制作し、ドレー自身のアルバムとしてはおよそ15年9ヶ月ぶりとなる新作『Compton A Soundtrack By Dr. Dre』をリリースし、こちらもヒットを記録し話題を呼んだ。

上映初日の8月14日と翌15日だけで音楽の伝記映画としてエミネム(Eminem)の『8 Mile』を抜く史上最高のオープニング成績となる5610万ドル(およそ69.8億円)を記録、トム・クルーズ主演映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』など2位以下に大差をつけ、初登場1位になった映画『Straight Outta Compton』は、その後も3週連続の1位を獲得。3週目で、故ジョニー・キャッシュの伝記映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』を累計興収で上回り、音楽の伝記映画としては過去最高の数字をたたき出している。

現時点で北米での累計およそ1億6000万ドル(およそ192億円)というこの大ヒット映画が、邦題『ストレイト・アウタ・コンプトン』として12月19日(土)より渋谷シネクイントほかにて公開となることが決定。西海岸ヒップホップやコンプトンで生まれ育った若者の日常だけでなく、N.W.A.が巻き込まれていくLA暴動や、彼らが米社会に及ぼした影響、エンターテイメント界を支配するユダヤ人社会の構造などがヒップホップを通して描かれていく。この映画の日本公開を求める署名運動が起こるなど熱狂的なファンたちが待ちわびる中の待望の日本公開の決定となる。

[story]
1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だった――。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品だ。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:ジョナサン・ハーマン、アンドレア・ベルロフ
出演:オシェア・ジャクソン・Jr、コーリー・ホーキンス、ジェイソン・ミッチェル、ポール・ジアマッティほか
2015/アメリカ/147分/シネスコ/デジタル
原題:Straight Outta Compton
配給:シンカ、パルコ
(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS