bmr

bmr>NEWS>ヒット連発中のホットなラッパー、KOWICHIが1年半ぶり新作を10月に

NEWS

ヒット連発中のホットなラッパー、KOWICHIが1年半ぶり新作を10月に

KOWICHI - SheCRET

KOHH、YOUNG HASTLEらと昨年夏に発表した「BoyFriend #2 (Remix)」、今年1月の「LYNE」と連続でiTunesヒップホップ・チャート1位とヒットさせている川崎の人気ラッパー、KOWICHI(コウイチ)が、およそ1年半ぶりとなるニュー・アルバム『SheCRET』を10月7日に発売する。

2001年にD.u.g.と結成したデュオ=enmakuでジャパニーズ・ウェッサイ・シーンの新星として世に登場したKOWICHIは、2012年からソロ活動を本格的にスタート。特に昨年発表したソロ2作目『THE DINER』からは、pukkeyとDJ TY-KOHを迎えた「BoyFriend #2」が話題となったが、KOHHとYOUNG HASTLEを新たに迎えた同曲のリミックスがiTunes Storeのヒップホップ・チャートで1位を獲得。さらに今年に入って「LYNE」もまたiTunesヒップホップ・チャート1位のヒットを記録した。また、AK-69の「A Hundred Bottles (Remix)」、DABO & DJ KEN WATANABEの「恋はAT」、CIMBA「Don’t need you」などゲスト・オファーも続き、一躍日本語ラップ・シーンで注目を集める彼が、前作『THE DINER』からおよそ1年半ぶりとなる新作『SheCRET』を完成させた。

先行して発表されたT-PABLOW参加の「No,No,No」は、1位こそウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)に阻まれたもののiTunesヒップホップ・チャートで最高2位と、その注目度を見せつけている。新作は、ヒットとなった「BoyFriend #2」、「LYNE」でタッグを組んだこのZOT on the WAVEが「No,No,No」を始め半数をプロデュース。また、名古屋の大御所、Mr.OZの名曲「The letter send on later.」にインスパイアされた「10年後」をRYUSEIが手がけているほか、JIGGらも制作で参加しており、現行の西海岸ヒップホップ・サウンドなども意識した作品となっている。ゲストには、地元川崎の仲間であるDJ TY-KOHを始め、YOUNG HASTLEやSIMI LABのMARIA、HI-Dらが名を連ねており、MARIAとの「GANGSTA BITCH」が次なるシングルとして配信される予定だ。

KOWICHIのニュー・アルバム『SheCRET』は10月7日発売。アルバム・リリース直後から、昨年から続く全国各地をまわるクラブ・サーキット・ツアーを再開させるほか、11月15日(日)にはYOUNG HASTLEとのツーマン・ライブを原宿アストロ・ホールにて開催決定とのことで、2015年後半も一気に駆け抜けて行きそうだ。

1. Real Talk (feat. YOUNG HASTLE & DJ TY-KOH) [prod. by ZOT on the WAVE & DJ TY-KOH]
2. Best Friend [prod. by ZOT on the WAVE]
3. GANGSTA BITCH (feat. MARIA from SIMI LAB) [prod. by ZOT on the WAVE]
4. No,No,No (feat. T-PABLOW) [prod. by ZOT on the WAVE]
5. In Love Wit Chu [prod. by RYUSEI]
6. 余計なお世話 [prod. by MOITO (BCDMG)]
7. おもわせぶり (feat. HI-D) [prod. by ZOT on the WAVE]
8. 車内 (Skit)
9. #TOUCHDOWN (feat. DJ TY-KOH) [prod. by by ZOT on the WAVE]
10. 車内 pt.2 (Skit)
11. 10年後 [prod. by RYUSEI]
12. Mother [prod. by JIGG]