bmr

bmr>NEWS>2NE1のCLが全米デビューEPを今秋に ディプロのレーベルから発売か

NEWS

2NE1のCLが全米デビューEPを今秋に ディプロのレーベルから発売か

Diplo, CL, RiFF RAFF & OG Maco - Doctor Pepper

韓国のガールズ・グループ、2NE1(トゥエニィワン)のリーダーとして知られ、昨年10月にはジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)やアリアナ・グランデ(Ariana Grande)らのマネージャーとして知られるスクーター・ブラウン(Scooter Braun)のバックアップで2015年に全米デビューを飾ることが発表されたCL(シーエル)が、いよいよ今秋、全米デビューEPをリリースするようだ。

韓国ソウル生まれながら、大学教授の父と共にフランスや日本などで幼少期を過ごし、英語、フランス語、日本語も操るCLは、2NE1のメンバーとして2009年にデビュー。歌やダンスもこなすが、ラップをメインとする彼女はソロとしても活動しており、特に昨年、スクリレックス(Skrillex)の最新作『Recess』からのシングル“Dirty Vibe”にディプロ(Diplo)、BIGBANGのG-DRAGONと共に参加し、世界的に注目を集めた。さらに今年5月にはディプロを筆頭に、リフ・ラフ(RiFF RAFF)、OG・マコ(OG Maco)らと共演した“Doctor Pepper”に参加、先日米Rolling Stone誌が発表した「知っておくべき新人アーティスト10人」のひとりに挙げられるなど、話題の新人となっている。

自身が所属するYG Entertainmentの先輩にあたるPSY(サイ)が、2012年にスクーター・ブラウンのバックアップを受けて全米デビューを果たし、“Gangnam Style”を全米チャート最高2位のヒットに送りこんだ関係もあって、昨年10月にはCLの全米デビューを同様にスクーター・ブラウンがバックアップすることも発表されていたが、どうやらCLはディプロのレーベルから全米デビューを果たすようだ。“Doctor Pepper”はディプロのMad Decentからの発売となっているが、先のRolling Stone誌や、米Billboard誌では、CLのデビューEPはMad Decentから今秋発売になると案内されている。CLは、ディプロのMad Decentが毎年開催するツアー〈Mad Decent Block Party〉にも今年出演しており、ディプロとの関係は強まっているところ。

そしてこのCLの全米デビューについて、ディプロ自身がコメント。TIME誌のインタビュー記事でも今秋デビューEPが発売になるとされており、2NE1よりもヒップホップ色の強い内容になっているという。フル・アルバムの準備も進めており、そちらにはスクリレックスとの曲も収録されるとか。ディプロはインタビューで、半分ほどが韓国語のラップになるという“Birthday”や、10代向けのポップ・ソングという“One”という曲を手がけていることを明かしているが、EPに収録されるのか、アルバムに収録されるのかは今のところ不明。CLについては、「K-Popというのは妙な言葉だと思う。なぜならK-Popにはラップもあるし、すごくポップなサウンドがあったり、ボーイズ・グループもいたり、なんでもあるからだ。CLの作品もK-Popと呼ばれるだろうね。彼女は実際、他の国からやってきて韓国語のリリックもあるわけだから。でもほとんどは、折衷的な内容になっている。彼女はすごくラッパー寄りだし、流行にすごく敏感だ。K-Popの世界のニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)だね」と評している。

CLのソロ・デビューEPについては、9月発売と見られているものの、YG Entertainmentの広報が先日明かしたところによると、まだ完成していないのだという。だが今月2曲のミュージック・ビデオの撮影を予定しているとか。

なおディプロは、TIME誌のインタビューの中でティナーシェ(Tinashe)が年内にリリース予定のニュー・アルバムで1曲プロデュースしていることも明かしている。