bmr

bmr>NEWS>レイラ・ハサウェイ、父ダニー名盤と同じ会場で録音した念願のライブ盤を10月に

NEWS

レイラ・ハサウェイ、父ダニー名盤と同じ会場で録音した念願のライブ盤を10月に

Lalah Hathaway LIVE!

音楽史に名を刻む伝説的なミュージシャン、ダニー・ハサウェイ(Donny Hathaway)の娘であり、R&B、ヒップホップ、ジャズなど幅広く活躍しているグラミー授賞シンガーのレイラ・ハサウェイ(Lalah Hathway)が、念願だったという初のライブ・アルバム『Lalah Hathaway LIVE!』を10月にリリースする。

80年代後半からキャリアをスタートさせ、何もかもを包み込んでしまうようなソウルフルでスピリチュアルな歌声で世界中にファンを持つレイラ・ハサウェイだが、特にここ数年、スナーキー・パピー(Snarky Puppy)のライブ盤でゲスト参加した“Something”が昨年の第56回グラミー賞で最優秀R&Bパフォーマンス賞に輝き、続いて今年も、同じくゲスト参加したロバート・グラスパー・エクスペリメント(Robert Glasper Experiment)“Jesus Children”が第57回グラミー賞の最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞を授賞と2年連続でグラミーの栄誉に与り、また、若手人気ラッパー、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の話題の最新作にゲスト・ボーカルとして参加するなど、注目の的となっている。

今年デビュー25周年を迎え、充実したキャリアを積んでいるレイラ・ハサウェイだが、ついに初のライブ・アルバムを制作。偉大な父ダニー・ハサウェイが1972年に発表したライブ盤『Donny Hathaway LIVE!』が名盤として語り継がれていることもあり、ライブ盤を作ることは長年の夢だったというレイラは昨年、クラウドファンディングのPledge Musicで制作資金を一般から募り、目標額を見事に達成。今年4月21日、父ダニーのライブ盤もレコーディングされたハリウッドの[The Troubadour Theater]にて幸運なファンたちを前にライブ・レコーディングを行った。

そして、自ら「夢が叶った」というライブ・アルバム『Lalah Hathaway LIVE!』が、eOne Musicから10月30日に発売されることが決定。8月7日には先行シングルとして、アニタ・ベイカー(Anita Baker)の名曲“Angel”、そして父ダニーが『Donny Hathaway LIVE!』で歌っていた“Little Ghetto Boy”のカバーの2曲がデジタル配信されている。当日のライブ・レビューによれば、“Little Ghetto Boy”で幕を開け、最新作『Where It All Begins』でカバーしたこともあるダニーの“You Were Meant For Me”や、ダニーによるカバー・バージョンが有名な“A Song For You”、またダニーとロバータ・フラック(Roberta Flack)のデュエットで歌われた“Where Is The Love”や“The Closer I Get To You”なども取り上げたとか。

なお最新のインタビューでは、このライブ盤とは別にニュー・アルバムも制作中で、テイマー・ブラクストン“Love and War”、キーシャ・コール“Trust and Believe”、R.ケリー“Echo”などのプロデュースで知られるDJ・キャンパー(Darhyl “Hey D.J.” Camper)らが制作に参加しており、すでに“Whatever”という曲やアップテンポな“Love Don’t Love Nobody”という曲をDJ・キャンパーと共に作ったとのこと。