bmr

bmr>NEWS>ザ・ウィークエンド新作にエド・シーラン、ラナ・デル・レイら参加

NEWS

ザ・ウィークエンド新作にエド・シーラン、ラナ・デル・レイら参加

The Weeknd - Beauty Behind The Madness

最新シングル“Can’t Feel My Face”が今週も全米チャート2位とヒット中のエチオピア系カナダ人シンガー、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)が、ついに今月発売の待望の新作『Beauty Behind The Madness』の収録曲目を公開し、ゲスト・アーティストとしてエド・シーラン(Ed Sheeran)、ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)らが参加していることが明らかになった。

昨年、ゲスト参加したアリアナ・グランデ(Ariana Grande)との“Love Me Harder”が全米チャート最高7位のヒットを記録し、初のトップ10入りとなるクロスオーバー・ヒットを獲得したのを皮切りに、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサウンドトラックからセカンド・シングルとして発表された“Earned It (Fifty Shades Of Grey)”は全米チャート最高3位まで上昇し、半年近くに渡ってトップ10に君臨するロングヒットとなり、2015年の米デジタル・シングル・セールスでは上半期7位(およそ196万6000DL)にランキングするなど一躍ブレイク。“Love Me Harder”を始め、ブリトニー・スピアーズやケイティ・ペリーらの数々のメガ・ヒットを生んだポップス界のマエストロ、マックス・マーティン(Max Martin)とその一派を制作陣に迎えた最新シングル“Can’t Feel My Face”は、今週も僅差で3週目の全米チャート2位に留まったが、デジタル・セールスのDigital Songsチャートではおよそ14万8000DLで今週1位になるなど勢いを見せている。

この勢いに乗って、およそ2年ぶりとなるニュー・アルバム『Beauty Behind The Madness』がいよいよ8月28日に発売となるが、そのトラックリストがついに公開された。全米チャート最高10位、現在も11位をキープしている“The Hills”や、昨年発表された“Often”に加え、代表曲となった“Earned It (Fifty Shades Of Grey)”も収録される。そしてゲストには、最新作『x』がアメリカでもロングヒット中のエド・シーランや、新作『Honeymoon』のリリースを控えるラナ・デル・レイに加え、エミリー・サンデー(Emeli Sande)との“Beneath Your Beautiful”が全英チャート1位に輝いただけでなくアメリカでもヒットし、またリアーナ(Rihanna)などのプロデュースもこなす英シンガー・ソングライター/プロデューサーのラブリンス(Labrinth)の名前が連なる。

先月頭に、ザ・ウィークエンドの新作をすでに聴いたと語り、「すごくいい」と評していたエド・シーランは、カニエ・ウェスト(Kanye West)の参加の可能性を仄めかしていたが、実際に参加しているかは不明。制作陣には、“Can’t Feel My Face”を手がけたマックス・マーティン一派が、“In The Night”など数曲をプロデュースしていると報じられている。

“In The Night”

1. Real Life
2. Losers [feat. Labrinth]
3. Tell Your Friends
4. Often
5. The Hills
6. Acquainted
7. Can’t Feel My Face
8. Shameless
9. Earned It (Fifty Shades Of Grey)
10. In The Night
11. As You Are
12. Dark Times [feat. Ed Sheeran]
13. Prisoner [feat. Lana Del Rey]
14. Angel