bmr

bmr>NEWS>ジル・スコット、新作で2作連続で全米チャート初登場1位に [全曲フル試聴可]

NEWS

ジル・スコット、新作で2作連続で全米チャート初登場1位に [全曲フル試聴可]

Jill Scott - Woman

3度のグラミーに輝いた人気女性ソウル・シンガー、ジル・スコット(Jill Scott)の最新作『Woman』が今週の全米チャート初登場1位を獲得した。

先月17日にはグラミー賞候補にもなった衝撃のデビュー作『Who Is Jill Scott? Words and Sounds Vol. 1』から15周年を記念したベスト・アルバム『Golden Moments』を発売したジル・スコットは、その一週間後24日におよそ4年ぶり新作『Woman』をリリース。“A Long Walk”、“The Way”といった彼女のヒットを生んだアンドレ・ハリス(Andre Harris)らがプロデュースし、大半をナッシュビルでレコーディングしたという新作は、女優として映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』に出演したこともあってか、これまでになくファンク~ソウル色を強めた音も聞かせている。

このジル・スコットの新作が、今週の全米チャートで初登場1位を獲得。初週のセールスはおよそ5万8000枚を記録、ストリーミング再生やトラック単体セールスなどのポイントを足した総合ではおよそ6万2000枚相当という数字だったが、強豪がいないことが幸いしたようだ。これによりジル・スコットは、初週およそ13万3000枚を売り上げ、自身初めての1位を手にした前作『The Light Of The Sun』に続いて2作連続で全米チャートのトップを制したことになる。また、女性R&Bシンガーのアルバムが全米チャート1位を獲得したのは、2014年1月のビヨンセ(Beyonce)以来、およそ1年7ヶ月ぶりになるという。

先週初登場1位となったフューチャー(Future)の『DS2』は、およそ5万2000枚相当で2位にダウン。そして5位に初登場になったのは、映画『Southpaw』のサウンドトラック。エミネム(Eminem)がエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたこのサウンドトラックは、“Phanomenal”やグウェン・ステファニー(Gwen Stefani)との共演となる“Kings Never Die”といったエミネムの新曲を始め、俳優として映画に出演もしている50セント(50 Cent)などエミネム周辺アーティストの新曲を収録。映画の北米公開と同じ7月24日に発売になったが、初週およそ4万5000枚相当(実売およそ3万2000枚)の初登場となった。

1. Wild Cookie

2. Prepared

3. Run Run Run

4. Can’t Wait

5. Lighthouse

6. Fool’s Gold

7. Willing (Interlude)

8. Closure

9. You Don’t Know

10. Pause (Interlude)

11. Cruisin

12. Say Thank You

13. Back Together

14. Coming To You

15. Jahraymecofasola

16. Beautiful Love (feat. BJ The Chicago Kid)

[target exclusive]
17. UR Gonna Know

18. Fool’s Gold (feat. Pusha T)