bmr

bmr>NEWS>フューチャー、サプライズな新作で自身初の全米チャート1位を獲得

NEWS

フューチャー、サプライズな新作で自身初の全米チャート1位を獲得

Future - DS2

リアーナ(Rihanna)やマイリー・サイラス(Miley Cyrus)を始め、多くのアーティストからゲスト参加のラブコールがかかる人気ラッパー/シンガー/プロデューサーのフューチャー(Future)が、発売日の一週間前にリリースをアナウンスした新作『DS2』で自身初となる全米チャート1位を獲得した。

アウトキャスト(Outkast)らによるアトランタのアーティスト集団ダンジョン・ファミリー(Dungeon Family)の一員で、彼らのプロデュースの中核を担うオーガナイズド・ノイズ(Organized Noize)のリコ・ウェイド(Rico Wade)の従弟でもあるフューチャーは、音声補正技術のオートチューンで加工された“歌声”で人気を博し、リル・ウェイン(Lil Wayne)、B.o.B、リック・ロス(Rick Ross)、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)といったラッパーを筆頭にR.ケリー、リアーナ、マイリー・サイラス、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)など数々の人気アーティストの作品に参加してきた「客演王」。

自身のアルバムにも数々のゲストが参加していることで知られるが、7月10日に発売予定をアナウンスしたニュー・アルバム『DS2』では、ゲスト・アーティストはドレイク(Drake)のみ。2011年に発表したミックステープ『Dirty Sprite』の続編的位置づけとなるこの新作は17日に発売され、発売一週間でおよそ12万1000枚のセールスを記録。2012年のデビュー作『Pluto』(初動およそ4万1000枚)、昨年発表のセカンド・アルバム『Honest』(初動およそ5万3000枚)を大きく上回る自己最高の記録で、今週の全米チャート初登場1位を獲得。これまで『Honest』の初登場2位が自身最高で、これが初のナンバーワン・ヒットとなった。ストリーミング再生やトラック単体セールスなどのポイントを足した総合ではおよそ14万7000枚相当という数字となっている。

フューチャーは昨年4月に発売した『Honest』以降も、2014年10月に『Monster』、今年1月にゼイトーヴェン(Zaytoven)とのコラボレーションによる『Beast Mode』、今年3月に『56 Nights』とミックステープを立て続けにリリースしており、その間には婚約していた女性R&Bシンガーのシアラ(Ciara)の出産、そして別離・婚約解消などもあって常に話題を提供してきたのも大きかったようだ。『DS2』発売直前にフューチャーはシアラと新恋人の関係を揶揄する発言をし、これに対しシアラが「教養も誠意も無さすぎる人は無視するのがいいわね」とやり返すなどの対立関係も話題になったばかり。

なお興味深いことに、今年リリースされ全米チャート1位を獲得したヒップホップ作品はサプライズ的な発売のされ方がされたものが多く、2月13日に突然iTunes Storeで発売を開始したドレイクの『If You’re Reading It’s Too Late』、3月6日に17日後の23日に発売すると告知した後、予定より1週間ほど早い16日に急きょ発売が前倒しされたケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の『To Pimp A Butterfly』、そして当初は昨年の発売予定だったものが服役によって延期され、今年6月29日の発売をわずか6日前の23日に告知したミーク・ミル(Meek Mill)の『Dreams Worth More Than Money』の3作がこれに当たる。

1. Thought It Was A Drought
2. I Serve The Base
3. Where Ya At (feat. Drake)
4. Groupies
5. Lil One
6. Stick Talk
7. Freak Hoe
8. Rotation
9. Slave Master
10. Blow A Bag
11. Colossal
12. Rich $ex
13. Blood On The Money

[deluxe edition]
14. Trap Niggas
15. The Percocet & Stripper Joint
16. Real Sisters
17. Kno The Meaning
18. Fuck Up Some Commas