bmr

bmr>NEWS>プリンス、「スーパー・ファンキー」な新作を間もなくリリースか

NEWS

プリンス、「スーパー・ファンキー」な新作を間もなくリリースか

Prince - HARDROCKLOVER

昨年、古巣Warner Bros. Recordsと契約したことを発表し、同年9月に新作を2作同時リリースしたプリンス(Prince)が、早くも新たなニュー・アルバムをリリースするようだ。

プリンスは昨年4月に、古巣となるWarner Bros.と久々に再契約したことを発表し、9月30日に自身の『Art Official Age』、そして女性3人組バンド=サードアイガール(3rdEyeGirl)との『PlectrumElectum』の2作を同時リリースしてファンを喜ばせた。その後も精力的に活動しており、直前に公演日と開催地をアナウンスするというサプライズ形式のツアー〈Hit N Run tour〉を今年スタートさせたほか、今年4月にボルティモアにて警察に逮捕された黒人男性フレディ・グレイが護送中に亡くなったことで抗議デモが起きるなどの事態を受け、この問題や昨今の社会情勢について歌った新曲“Baltimore”を5月に緊急リリースし、ボルティモアでのチャリティ・コンサート〈Rally 4 Peace〉を行うなど活発に動いている。

その5月には、「new funk」と銘打った予告映像が突然公開され、夏にニュー・アルバムが出るのではと噂されたプリンス。“Baltimore”に続いて7月には、サイケデリックな新曲“HardRockLover”が公開され、さらにその期待が高まる中、間もなくニュー・アルバムが出るとの情報がサードアイガールのメンバーによって明らかになった。

ドラムのハンナ・フォード(Hannah “Ford” Welton)、ギターのダナ・グランティス(Donna Grantis)、ベースのイーダ・ニールセン(Ida Nielsen)から成るサードアイガールだが、ハンナ・フォードが英BBC放送のラジオ番組に出演、電話インタビューに応じ、この中でプリンスの新作についてコメント。ツアー名と同じく『Hit N Run』というタイトルになる予定という新作は、前作同様にハンナ・フォードの夫ジョシュア・ウェルトン(Joshua Welton)が共同プロデュースで関わっているとのことで、サードアイガールのメンバーは、ジョシュア・ウェルトンがプリンスのアフターパーティでDJをした際に初めて新作の音源を耳にしたのだとか。

“HardRockLover”がリード・シングルとなるアルバムのサウンドについて彼女は、「スーパー・ハードコアなプリンス・ファンのためのアルバムよ。だってスーパー・ファンキーなんだもの」とコメント。また実験的なサウンドも多いのだという。アルバムには、前作『Art Official Age』に収録されていた“This Could Be Us”の新バージョンに加え、プリンスがWarner Bros.に在籍していた1991年に発表したアルバム『Diamonds and Pearls』の頃の未発表曲という“1,000 Hugs and Kisses”という曲などが収録される見込みだという。「“1,000 Hugs and Kisses”はスーパーなスロウジャムよ。夫婦でダンスフロアで踊るような。本当にヤバいの、素敵なラブソングよ」と感想を語っている。この新作の発売時期については具体的に言及しなかったものの、「おそらくは、間もなく」とのこと。

プリンスは〈Rally 4 Peace〉のライブ・ストリーミング放送を、ジェイ・Z(Jay Z)ら主導による体制でこの春から新スタートを切った定額制ストリーミング・サービス「TIDAL」独占で行ったが、7月には、SpotifyといったTIDALの競合他社ストリーミング・サービスから自身のカタログを削除するなどTIDALとの結びつきを強めており、ビヨンセ(Beyonce)、マドンナ(Madonna)、カニエ・ウェスト(Kanye West)ら同様にTIDALの共同オーナーになったのではとも噂されている。そのため、このプリンスの新作はTIDAL先行でサプライズ・リリースされるのではとの憶測も出ている。

なお、昨年Warner Bros.との契約が発表された際には、名作『Purple Rain』の30周年記念エディションのリリースなども予定されているとしていたが、こちらについては続報が途絶えている。