bmr

bmr>NEWS>ドクター・ドレーにエミネムも参加のN.W.A.再結成ツアー開催か?

NEWS

ドクター・ドレーにエミネムも参加のN.W.A.再結成ツアー開催か?

The Hollywood Reporter - N.W.A.

ギャングスタ・ラップの草分け的存在として知られる米西海岸の伝説的ヒップホップ・グループ N.W.A.(Niggaz Wit Attitudes)の伝記映画『Straight Outta Compton』がいよいよ本国アメリカで8月から封切になるが、これに関連してN.W.A.の再結成ツアーの話が持ち上がっている。

コンプトンでイージー・E(Eazy-E)らを中心に結成され、1988年に発表したデビュー・アルバム『Straight Outta Compton』がアメリカで300万枚を突破する大ヒットを記録したN.W.A.は、ドクター・ドレー(Dr. Dre)やアイス・キューブ(Ice Cube)らが在籍したことで知られる伝説的なグループ。デビュー作発表後の1989年にアイス・キューブ、1991年にドレーと脱退が続いて解散し、1995年にはAIDSの合併症でイージー・Eがこの世を去った。以降、ヒップホップ界におけるカリスマ的プロデューサーとなったドクター・ドレー、俳優としてのキャリアも積んだアイス・キューブを筆頭に、それぞれ個々で活躍している。

イージー・Eの没後20年となる今年、以前から製作が進められていたN.W.A.の伝記映画『Straight Outta Compton』がついに8月14日に公開となり、そのサウンドトラックをドクター・ドレーが手がけているという話も出ているが、N.W.A.の再結成ツアーの可能性も浮上しているようだ。これは映画に関連したHollywood Reporter誌による特集記事の中で明らかになったもので、映画の配給元であるユニバーサル・ピクチャーズの重役が、映画のプロモーションのためにN.W.A.の欧州ツアーを企画しているという。

米ブラック・エンタテインメント・テレビジョン(BET)が6月27日にロサンジェルスで開催したコンサート〈BET Experience〉にてアイス・キューブが行ったN.W.A.のリユニオン・パフォーマンスには、元N.W.A.のMCレン(MC Ren)、DJイェラ(DJ Yella)は参加したもののドレーは姿を見せなかったが、現在企画されているN.W.A.の欧州ツアーは、アイス・キューブとドレーに加え、映画のサウンドトラックにドクター・ドレー、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)と共に参加しているというエミネム(Eminem)が「名誉メンバー」としてツアーに参加する形で企画されているのだとか。もっともこの重役は、「まだ誰のスケジュールも押さえていない。でも実現すれば大きな話題になると思っています」と断言は避けており、あくまでも可能性の話のようだ。

またこの特集記事では、ドレーの『The Chronic』やスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、トゥパック(2 Pac)などをリリースしたDeath Row Recordsの創設者シュグ・ナイト(Suge Knight)が起こしたひき逃げ事件について、ドレーとアイス・キューブが初めて言及。シュグ・ナイトは今年1月、『Straight Outta Compton』のコマーシャル用の撮影現場に姿を現し現場スタッフと揉めた後、運転していた車でひとりを轢き殺し、もうひとりに重傷を負わせており、殺人の疑いで逮捕された。この事件についてドレーは、「俺もあの撮影現場にいたけど、あの時はもう帰るところだったから事件のことは知らなかったんだ。事件のことは電話で聞いた。コマーシャルの撮影中にあんなことが起きるなんてクレイジーだよ」とコメント。一方で当日その現場には行かなかったというアイス・キューブは、「(現場の)サウスセントラルは生活するのも危険な地帯だ。映画の撮影中だろうが何だろうが気にしない奴らだっている。不運だと思うね。だって映画はこんなに素晴らしくて、クリエティブで、こんなにたくさんの人間が関わっているというのに(こんな事件が起きてしまって)」と話している。これに続いてドレーは、「本当に不運な事故だったよ。まぁ、もしかしたら、(シュグ・ナイトから)喧嘩を売ったのかもしれないけどね。知らないけど」と語った。