bmr

bmr>NEWS>日本人率いるブルックリンの「ワールド・ルーツ・ミュージック」バンドが新作を引っさげて来日

NEWS

日本人率いるブルックリンの「ワールド・ルーツ・ミュージック」バンドが新作を引っさげて来日

Brown Rice Family

日本人をリーダーとし、ハイチ、ジャマイカ、ナイジェリア、南アフリカなど多国籍なメンバーが、多民族・異文化を反映させた「ワールド・ルーツ・ミュージック」を聴かせるブルックリンのバンド=ブラウン・ライス・ファミリー(Brown Rice Family)が、新作『Havana To Kingston』を引っさげてまもなく来日公演を行う。

ニューヨーク市立大学シティカレッジに在学中、ダンサー出身で、ジャンベを演奏するプロデューサーの飯田祐一を中心に結成されたブラウン・ライス・ファミリーは、玄米(brown rice)を名乗るように、健康的な生活や食事と、オーガニックな音楽を結び付け、「ワールド・ルーツ・ミュージック」を標ぼうするグループ。日本、アメリカ、ハイチ、ジャマイカ、ナイジェリア、南アフリカと多国籍なメンバーが集まり、レゲエ、ジャズ、アフロビート、ラテン、ヒップホップ、ファンクなどを融合したサウンドを聞かせる姿は、まさに人種のるつぼであるブルックリンならでは。2011年に『Brown Rice Family Station』でデビューした彼らは、翌年にはニューヨークの人気ラジオ局WNYCが主催するバンド・コンテストでブルックリン代表となり、見事、NYC5区(ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、マンハッタン、スタテンアイランド)すべての頂点となるニューヨーク王者に輝くなど活躍している。

昨年には初来日公演を行い、東京・大阪共に完売する人気を見せた彼らだが、今年ふたたび来日。今年6月にリリースしたばかりとなる、キューバ音楽とジャマイカ音楽をブラウン・ライス・ファミリー流に取り入れたニュー・アルバム『Havana To Kingston』を引っさげて、8月2日(日)の仙台公演を皮切りに、4日(火)と5(水)に東京、7日(金)に大阪と廻る。今回は日本国内のみならず台湾・タイ・韓国でも活躍中のバンド、Plan-Bも同行し、スペシャル・コラボレーションを披露するとのこと。

「Brown Rice Family 2nd Japan Tour」 with Plan-B
■ 仙台公演
日時:2015年8月2日(日)16:00 開場/16:30 開演
会場:retro BackPage (仙台市青葉区国分町3-3-1 定禅寺ヒルズ8F)

■ 東京公演
日時:2015年8月4日(火)、5日(水) 19:00 開場/19:30 開演(両日)
会場:Shinjuku BLAZE (新宿区歌舞伎町1-21-7 新宿アネックスB2F)

■ 大阪公演
日時:2015年8月7日(金)19:00 開場/19:30 開演
会場:ROCKTOWN (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール1F)

1. Intro – At The Bar In Havana
2. Latin Goes Ska
3. Gun Town
4. Say What You Wanna Say
5. Repatriation (Mama Africa)
6. Zimbabwe (Illegal Economic Sanctions)
7. Moving Forward
8. She’s Gone
9. Surfin’