bmr

bmr>NEWS>ジョディ・ワトリーが新生「シャラマー」で20年以上ぶり新曲をリリースへ

NEWS

ジョディ・ワトリーが新生「シャラマー」で20年以上ぶり新曲をリリースへ

Jody Watley presents Shalamar Reloaded - SlowDance

主に70年代後半から80年代にかけて活躍し、“The Second Time Around”や“This Is For The Lover In You”、“A Night To Remember”などのヒットで知られるディスコ~ソウル・グループのシャラマー(Shalamar)。そのボーカリストとして知られ、80年代後半からはソロとして活動を続けてきたベテラン女性シンガーのジョディ・ワトリー(Jody Watley)がシャラマーを復活させ、20年以上ぶりとなる新曲“SlowDance”を発表した。

1990年の『Wake Up』を最後にそれぞれの道を歩むことになったシャラマーだが、ベイビーフェイス(Babyface)が1996年に発表した“This Is For The Lover In You”のカバーでハワード・ヒューイット(Howard Hewett)、ジョディ・ワトリー、ジェフリー・ダニエル(Jeffrey Daniel)のシャラマー初期メンバー3人が再集結。その後、ハワード・ヒュイットとジェフリー・ダニエルが「シャラマー」として再始動し、シャラマーが所属していたSolar Recordsの創設者の娘にあたるキャロリン・グリフィ(Carolyn Griffey)を加えてライブ活動を行うようになっていた。

一方で、ジョディ・ワトリーは2013年に元シャラマーのジェラルド・ブラウン(Gerald Brown)をバックコーラスに迎え、70年代~80年代のディスコ・ファンクを意識した新曲“Nightlife”を発表。2014年末には、「ジョディ・ワトリー featuring シャラマー」と題した公演を行うなど動いていたが、今年4月、「シャラマー」というグループ名の権利を昨年5月の時点で獲得したとジョディ・ワトリーが発表。あわせて、ダンサー、振付師でもあるロゼーロ・マッコイ(Rosero McCoy)、ネイト・アレン・スミス(Nate Allen Smith)のシンガーふたりをメンバーに迎えた形でシャラマーを再始動させるとアナウンスしたが、この新生シャラマーでの第一弾シングル“SlowDance”が今月発表された。ジョディ・ワトリー自らプロデュースにも携わったこの新曲は、7月17日に世界でデジタル配信されると発表されているが、現時点ではまだ発売されていないようだ。また、「シャラマー」の名前の権利を獲得したためか、2013年にジョディ名義で発表していた“Nightlife”が、昨年8月に「シャラマー featuring ジョディ・ワトリー&ジェラルド・ブラウン」名義で再リリースされている。

現在、ジョディ・ワトリーら新生シャラマーは、シャラマー・リローデッド(Shalamar Reloaded)とも銘打ってライブ活動などを行っている。一方で、分裂状態となっているハワード・ヒューイット、ジェフリー・ダニエルらも「シャラマー」と名乗って英国ツアーを行うなど引き続き活動。公式サイトもジョディ・ワトリーらによるシャラマーのサイト shalamarofficial.com と、ハワード・ヒューイット、ジェフリー・ダニエルらによるシャラマーのサイト shalamar.info と2つ存在している状態となっており、今後共存していくのかどうかも注目されるところだ。