bmr

bmr>NEWS>ローリン・ヒルが6曲を披露! グラスパー制作によるニーナ・シモンのカバー集が7月に

NEWS

ローリン・ヒルが6曲を披露! グラスパー制作によるニーナ・シモンのカバー集が7月に

What Happened, Miss Simone?

以前から噂になっていた、ロバート・グラスパー(Robert Glasper)のプロデュースによるニーナ・シモン(Nina Simone)のトリビュート・カバー集が7月に発売されることが決定。ローリン・ヒル(Ms. Lauryn Hill)が全16曲中6曲を歌っていることで話題を呼んでいる。

多くの女性アーティストたちに影響を与えたジャズ/ソウルの伝説的なシンガーである故ニーナ・シモン。そのトリビュート・カバー集は、米Netflixが6月26日に北米で放送するニーナ・シモンのドキュメンタリー『What Happened, Miss Simone?』と関連して制作されたもので、今年4月には人気ジャズ・ピアニスト/プロデューサーのロバート・グラスパーが、「ドキュメンタリーに関連して俺がプロデュースをしている、ニーナ・シモンのトリビュート・アルバムのセッションも残すところあと少し」とTwitterで明かしたことから話題になっていた。

5月には、白人警官によって黒人男性が拘束中に死亡するという件をきっかけに米ボルティモアで起こった暴動などの事態を受けて、ジャズミン・サリヴァン(Jazmine Sullivan)による“Baltimore”のカバーが先行して公開されていたが、正式に『Nina Revisited: A Tribute To Nina Simone』というタイトルで、ソニー系レーベルのRCA Recordsからリリースされることが発表された。同時に、2013年にSony Worldwide Entertainmentと契約したカリスマ女性シンガー/ラッパーのローリン・ヒルによる“Feeling Good”のカバーが公開された。

カバーとはいえ久々のローリン・ヒルの録音が正式リリースされるということもあって注目されているが、『Nina Revisited: A Tribute To Nina Simone』に収録されるローリンのカバーは“Feeling Good”を含めてなんと6曲。米Rolling Stone誌の報道によれば、当初は2曲で参加する予定だったが、最終的に6曲になったという。ローリン・ヒルは、この『Nina Revisited: A Tribute To Nina Simone』でロバート・グラスパーと共にプロデューサーも務めているとのこと。

元々、このドキュメンタリーのプロデューサーであるジェイソン・ジャクソンにとって、ニーナ・シモンと出会ったきっかけがローリン・ヒルなのだという。かつてローリンのマネージャーだったジェイソン・ジャクソンによれば、1999年に、晩年のニーナ・シモンがローリン・ヒルの控え室を訪れたことがあり、「私には彼女(ニーナ)が誰か分からず、追い返そうとしていたんだ。するとローリンの母親が泣いていてね。なぜ泣いているのか訊ねたら、ローリンの母親がなんとか口に出した言葉が、『あれはニーナ・シモンよ。私のヒーローだわ』だったんだ。それをきっかけに、私はニーナについて学び始めたんだ」と語っており、この出会いが、ドキュメンタリー『What Happened, Miss Simone?』の製作へとつながったのだという。ゆえにトリビュート・アルバムへのローリンの参加は必然だったようだ。

ドキュメタンリーの放送後、7月10日の発売となるこのトリビュート・カバー集『Nina Revisited: A Tribute To Nina Simone』には他に、ニーナ・シモンの娘で、シモーネ(Simone)名義の歌手活動でも知られるリサ・シモン(Lisa Simone / Lisa “Simone” Celeste)や、ニーナ・シモンの伝記映画でニーナ役で主演を務める予定もあったメアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)を始め、レイラ・ハサウェイ(Lalah Hathaway)、アリス・スミス(Alice Smith)、そしてオーストラリア出身の新人女性歌手で、デビュー曲をクインシー・ジョーンズがバックアップしたことでも話題のグレイス(Grace Sewell)らが参加。また人気ラッパーのコモン(Common)や、R&Bスターのアッシャー(Usher)、グラミー授賞ジャズ・シンガーのグレゴリー・ポーター(Gregory Porter)と、男性アーティストも参加している。

1. Lisa Simone – “Nobody’s Fault but Mine (Intro)”
2. Ms. Lauryn Hill – “Feeling Good”
3. Ms. Lauryn Hill – “I’ve Got Life”
4. Ms. Lauryn Hill – “Ne Me Quitte Pas”
5. Jazmine Sullivan – “Baltimore”
6. Grace – “Love Me or Leave Me”
7. Usher – “My Baby Just Cares For Me”
8. Mary J. Blige – “Don’t Let Me Be Misunderstood”
9. Gregory Porter – “Sinnerman”
10. Common & Lalah Hathaway – “YG&B”
11. Alice Smith – “I Put A Spell On You”
12. Lisa Simone – “I Want A Little Sugar In My Bowl”
13. Ms. Lauryn Hill – “Black Is The Color Of My True Love’s Hair”
14. Ms. Lauryn Hill – “Wild Is The Wind”
15. Ms. Lauryn Hill – “African Mailman”
16. Nina Simone – “I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free”