bmr

bmr>NEWS>フジロックで再来日決定のFKAツイッグス、待たれる『EP3』について語る

NEWS

フジロックで再来日決定のFKAツイッグス、待たれる『EP3』について語る

FKA twigs COMPLEX

個性的なルックスや独自の世界観を持ったミュージックビデオ、先鋭的なサウンドとハイトーンの歌声、シャーマニックなダンス・パフォーマンスで注目を集め、昨年、デビュー・アルバム『LP1』がTIME誌が選ぶ年間ベスト・アルバム・ランキングの1位に選ばれるなど高い評価を受けている英女性シンガー、FKAツイッグス(FKA twigs)が、年内にリリース予定とされる『EP3』について語っている。

今年1月の初来日公演も大盛況となり、7月26日(日)には〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の出演で再来日も決まっているFKAツイッグス。2012年12月に『EP1』を発表して以来、世に出てまだ2年半ほどだが、すでにアルバム1作、EP2作、ビデオ15本を発表しており、特に昨年のデビュー・アルバム『LP1』は、TIME誌が「今年もっとも印象的だったデビュー作のひとつ」、「ただのアルバムではなく、没入型の知覚体験」と評し、2014年のベスト・アルバム・ランキングで堂々の1位に選出。Q Magazineの年間ベストでも8位に選ばれたほか、米Rolling Stone誌の年間ベストで16位に、NMEの年間ベストで21位に選ばれるなど高く評価されている。

昨年末から、次なるリリースとなる『EP3』を準備中であることが明らかになっており、今年3月には、ビヨンセ(Beyonce)の最新作『Beyoncé』の大半の楽曲制作に関わったことで知られるブーツ(BOOTS)と制作した新曲“Glass & Patron”のミュージックビデオを公開していたが、『EP3』は完成間近のようだ。ツイッグスは、表紙を飾ったComplex誌のロングインタビューに登場。この記事によれば、すでに彼女はEPのミックス段階に来ており、アートワーク用の写真を撮影済みのほか、3曲のミュージックビデオのディレクションおよび編集を行っているという。

記事によれば、EPのオープニングを飾るのは“Figure 8”という曲で、18歳の時に書いたという“I’m Your Doll”や、『EP1』発表後に書いたという“In Time”といった曲が収録されるようだ。“Figure 8”や“I’m Your Doll”などはすでにライブで披露されている。彼女は『EP3』のサウンドについて、「できるかぎり直感的なものにしたかった。みんなにドラムの中やクリック音の中にある根源の力を感じてほしいの。フィジカルに感じてほしいのよ。身体の中から聞こえる、というような。だって私はそう感じているから」と説明。一方で、「オルタナティヴR&B」といった形容のされ方には改めて否定的な意見を見せ、「R&Bと呼ばれたくないというわけじゃない。でも、(私の音楽には)もっといろんな要素があるでしょう。その“全て”について話しましょうよ」と話している。

また、今回の作品は女性の力がテーマとしてあるようで、「だから私はビデオの中で妊娠したのよ」と、“Glass & Patron”のビデオの前半で妊娠したような姿を見せていることについて説明した。さらに、「このEPはメリッサ(Melissa)というの。メリッサというのは私にとって、女性としての個人的なエネルギー。ヘンなオルターエゴ(別人格)とかそういうのじゃないのよ」と語り、“Glass & Patron”のビデオの中でも披露したヴォーギングを学んだことが影響したと、ダンサーらしいコメントもしている。

彼女はこの『EP3』のほかに、7月にイギリスのマンチェスターで開催されるマンチェスター国際芸術祭で、7日中に7本のショートフィルムを制作するという「Soundtrack 7」という企画を行う。同芸術祭では、彼女がよく比較されるビョーク(Bjork)のライブ・パフォーマンスなども行われる。