bmr

bmr>NEWS>XXLの「期待の新人」企画にフェティ・ワップ、デージ・ローフ、ティンク、ロウリーら選出

NEWS

XXLの「期待の新人」企画にフェティ・ワップ、デージ・ローフ、ティンク、ロウリーら選出

XXL Freshmen Class

米ヒップホップ誌XXLが毎年発表している恒例企画「XXL Freshman Class」の2015年版が発表され、「今後の飛躍が期待される新人」に、デビュー曲“Trap Queen”が全米チャート最高2位のヒットを記録しているフェティ・ワップ(Fetty Wap)ら10人が選出された。

毎年、これからの躍進が期待される10名のラッパーを選出し、毎回そのラインナップについてさまざまな議論が巻き起こることも含めてシーンを盛り上げているこの企画。昨年は、R&Bシンガーであるオーガスト・アルシーナ(August Alsina)、プロデューサーとしての顔も持ち、ラップもこなすタイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)と史上初めてR&Bアクトが選出され、全12名となっていたが、今回は改めて10組の選出に戻ったようだ。

XXLの表紙を飾った10組の中で先頭の中央の位置に座ったのは、ニュージャージー州パターソン出身の24歳、フェティ・ワップ。リアーナ(Rihanna)らがお気に入りの曲として紹介し、カニエ・ウェスト(Kanye West)にはステージに呼ばれるなどして注目を集めたデビュー・シングル“Trap Queen”が今年5月頭に全米チャート2位まで上昇、現在も3位をキープするなど大ヒット中。続くシングル“My Way”は人気ラッパーのドレイク(Drake)が参加するなど、勢いのある若手だ。

10人中、女性ラッパーは2名が選出。デトロイト出身のデージ・ローフ(DeJ Loaf)は、ドレイクらが取り上げたことで2014年に発表した“Try Me”がバイラル・ヒットとなり、ミックステープ『Sell Sole』の発表直後となる同年10月にColumbia Recordsとのメジャー契約を獲得した24歳。物憂げでメロディアスな歌ラップで注目を集めており、エミネム(Eminem)がデトロイト勢を集結させたマイクリレー“Detroit Vs. Everything”に参加したほか、キッド・インク(Kid Ink)“Be Real”、ザ・ゲーム(The Game)“Ryda”、オマリオン(Omarion)“Post To Be (Remix)”、ティナーシェ(Tinashe)“All Hands On Deck (Remix)”などゲスト参加のオファーが絶えず、早くも「2015年の声」となりつつある。

もうひとりの女性アクト、ティンク(Tink)もまたラップだけに留まらず、R&Bシンガーとしての顔も持つ、シカゴ出身の20歳。ティンバランド(Timbaland)がその才能を絶賛し、ティンバランドのレーベルとメジャー・レーベルのEpic Recordsの提携で今年デビュー・アルバムをリリース予定で、ティンバランド自らアリーヤ(Aaliyah)の名曲“One In A Million”をリメイクした“Million”など、世界的プロデューサーが全面バックアップを務めているだけに活躍が期待されるところだ。

デージ・ローフ、ティンク同様にソニー系列のアーティストとしては、2014年3月に発表した“God’s Whisper”などが話題を呼び、18歳にしてColumbiaとのメジャー契約を獲得したアトランタの新進シンガー・ソングライター/ラッパー、ロウリー(Raury)も選ばれた。昨年8月にデビュー作『Indigo Child』を発表以降、ダニー・トランペット&ザ・ソーシャル・エクスペリメント(Donnie Trumpet & The Social Experiment)『Surf』や、ジョーイ・バッドアス(Joey Bada$$)のデビュー作、映画『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』(原題『Hunger Games: Mockingjay – Part 1』)のサウンドトラック、SBTRKT最新作などの話題作に参加。Columbiaとの契約前にはカニエ・ウェストから声をかけられるも断ったという逸話も持つ。アウトキャスト(Outkast)の音楽フェス〈ATLast〉に出演し、影響源のひとりであるアンドレ3000(Andre 3000)も彼を評価しているほか、すでに今年1月に発表された英BBC放送の期待の新人選出企画「Sound of 2015」では4位に選ばれている。

2チェインズ(2 Chainz)との“U Guessed It”が昨年ストリート・ヒットとなったアトランタの23歳、OG・マコ(OG Maco)は、先日所属レーベルのQuality Control MusicがMotown Records/Capitol Music Groupと提携することが発表され、メジャー進出が決定。同じくアトランタのK・キャンプ(K Camp)は、同様に2チェインズとの“Cut Her Off”などが話題となって昨年3月にInterscopeとの契約を獲得した25歳。今年、メジャー・デビュー作『Only Way Is Up』をリリース予定だ。メジャー組では、ノーI.D.(No I.D.)率いるARTium/Def Jam Recordingと契約している西海岸の21歳で、今月30日にメジャー・デビュー・アルバム『Summertime ’06』をリリース予定のヴィンス・ステイプルズ(Vince Staples)も選出されている。

他には、昨年のデビュー・ミックステープ『The God Complex』が話題を呼び、リック・ルービン(Rick Rubin)との接近で注目を集めているワシントンDC出身の21歳、ゴールドリンク(GoldLink)や、同じくワシントンDCの新進ラッパーで、昨年“Awwsome”が話題になったシャイ・グリジー(Shy Glizzy)が選ばれた。また、一般ファンの投票結果によって、50セント(50 Cent)率いるG-ユニット(G-Unit)の新メンバーとして知られるキッド・キッド(Kidd Kidd)が10人目に加わっている。


DeJ Loaf, Fetty Wap, GoldLink, K Camp, OG Maco, Raury, Shy Glizzy, Tink, Vince Staples and Kidd Kidd.